先日、アメリカ、インディアナ州に住んでいた時お世話になった先生方とzoomで再会し、とっても楽しい時間を過ごしたのですが。。
録画を見直すと、ちょっと落ち込みました😅

というのも、「私の英語、英語のリズムがないなー」と思ったんです。
ネイティブ3人は、もちろん、綺麗な英語のリズムがあるんですが。
私は英語で話しているんですけど、そのときの英語は、なんだか日本語っぽいんですよね。
一応発音矯正トレーナーなので、普段英語で話す時は気をつけているつもりなのですが、久しぶりに会った先生方で、楽しくて、話に夢中になって。。
そうすると、英語で話しているんだけど、すっかり素がでているので、英語そのものの長短(リズム)に気をつけていなくて、なんか響きが日本語っぽいんです。

うーん。
私は30歳から英語をやり始めたので、30年間しみついた母国語って、やっぱりなかなかぬけないんですよ。。(悲)
でも、幼少期を英語圏で過ごした人って、やっぱり、英語そのもののリズム(発音も)がしっかり身についていますよね。
あと、英語は、音がみたいな言語なので。
モノマネがすごくうまい人、楽器を弾くのが上手な人、歌がとてもうまい人、とかは、大人になっても、発音がとてもうまくなる確率が高いです。
真似する能力が高い、リズムをとらえる能力が高い、ので。

一方、帰国子女でもなく、音楽の才能もさほどない凡人の私みたいな人は(悲)努力しないといけません。
そして息子に特に音楽もやらせていないので、子供の頃から英語を聞かせたい、話させたいと思っています。

英語のリズム。
これも大切なのですが、現実問題、「通じる英語」「わかってもらう発音」のためには、「正しい音素をだすこと」がまず一番大切です。
英語の音1つ1つが、正しい音でだせるかどうか。
そのあとで、文章の全体的なリズムになるのですね。

リズムを身につけるには、歌が最適です。
歌うように話すと、自然とリズムがうまれたりします。
お子様に「英語のリズム」を身につけてもらうには、歌を聴かせて、真似してもらうのがいいのですが、一方で、「英語を話し出す」ということを目的とすると、歌だと、あまり内容がリンクせず、ストーリー性のあるもの、会話が多いものを聞かせていった方が「英語を話し出す」ということに近道、ということもいえます。

ママご自身の英語は、絵本の読み聞かせを感情を込めて話す、ということも、リズムを生む、ということになる、と思います。。
が、ご自身でチェックしようとしてもなかなかわからないと思うので、プロの発音トレーナーに聞いてもらうことが一番です。
日本の通常の英語教育では、発音はほとんど学ばせてもらえませんでした。
お子様に英語を聞かせたい、という人は、発音も学んでいただきたいなー、と切に思います。
お子様にとって、きっとプラスになります😄