英語を話せる人=英語の失敗をたくさんしてきた人。

今でこそ、英語コーチなんてさせていただいて、ネイティブと毎日1時間位は話している私ですが。

30歳の時主人の転勤でアメリカに行った当時は。英語が全く話せませんでした。

日本語で表すならば、当時の私は「分不相応」

とにかく、レベルの高い人たち(英語が話せる人たち)の集まりに行って、生徒さんたちからも学ぼう!と思って、色々なところに顔を出していました。

ある日、初めて行った、International Centerにて。

そこは市の施設だったと思うのですが、大きな大学のある市で外国人が多かったので、留学生とその家族のために、英語を学べるようなところで、主に退職されたおばあちゃん世代の方々が英語を教えてくれていました。

初めて来た人は自己紹介せねばならず、私の番に。

私はそれは自信がありました。

というのも、その前に家庭教師の先生から習っていて(前に記事でご紹介した、Sallyです)その先生にバッチリ添削してもらっていたからです。

私は日本で司会業をしていたので、I was a MCといったら、言語学者で英語に細かいSallyは、”You should say, “I was a mistress of ceremonies. That is a formal title of MC.  Master is for men, mistress is for women.” (Master of ceremoniesというべきよ。 それが正式名称だから。 男性ならmasterというけど、女性ならmistress ね。)と言っていました。

しかし、当時ちょっとそういう場にも出慣れていた私は「mistress of wedding ceremonies って、長くない?  英語って、結構省略するよね?   mistress だけでいいじゃん?」と、ふと思い立ち。

自己紹介で、言いました。

“Hello everyone, my name is Keiko.
I was a mistress in Japan. I really liked my job, but…” と話し出したら。

なんだか、周りの反応がおかしいのです。

アメリカ人の先生のおばあちゃん達は、眉間にシワを寄せているし。 女性達は不可思議な顔、男性はくくくっと含み笑い。

。。なんだこの空気は?と思いつつ、英語では覚えていたことしか言えなかったので、そのまま帰宅したのですが。

後から、ドラマ”friends”を見て知りました。

“mistress”って、それだけで使うと、「愛人」って意味だったんですね😅

おとなしく、Sallyに教えてもらった通りに、I was a mistress of wedding ceremoniesと言っておけば通じたものを, 勝手に省略したがために「日本で愛人してました」と公言するバカな女のように思われてしまった。。。😅

間違いがなくなることはないので、英語の間違いは、今でもあるんですよ。

今だったら、雰囲気を察して、”Did I say something weird?”と聞けて、ちゃんと周りの人も教えてくれると思うのですが。

当時は、「覚えていることを話す」のがいっぱいいっぱいで、「それ以上は聞かないで!」という雰囲気だったんだろうな、と思います。

教える側の立場だと「情報は、その人が受け取れる範囲内で」というのが鉄則ですが、そんな感じだっただろう、と思います。

語学の習得って、時間がかかります。大人になったら、なおさら。 だから、英語をするなら、1日でも早い方がいい。

英語圏に行くなら、その前から英語ができた方が、絶対に絶対にいいのです。

言葉って、日々使っていろいろ覚えていって、自分に染み込んでいくものなので、子供が生まれたら自然に英語を使ってほしいなぁと思ったのも、こういう後悔からです。

先日、アメリカ人スペイン語翻訳者と話しましたが、彼女は13歳からスペイン語を学び始めて、大学を卒業して、本場で学ばないと、と思って、それからスペインに住んで13年。

彼女のスペイン語はだいぶ上達したけど、それでも英語のアクセントが抜けず、文法でなかなかしっくりこないものもあるし、もっと小さい時から始めていたらなぁ。。と言っていました。

「英語とお友達」の期間は、長ければ長いほど、いい。

あなたがまだ始めていないなら、今日から始めましょう!と言いたいです😄