6歳、年長の息子が。。やりました!!

。。。と言いたいところなのですが、そんなことはありません笑

2020年度第3回の英検の結果が、かえって来ましたね!

息子はreadingが適当すぎて結果は散々でした😂

が、一緒に受けた私はこんな感じでした。

一応英語コーチ、1級持ってるし、これ準2級なので、、、と言いつつ、正直ほっとしました笑

リスニングとか、途中ぼーっとしてて、あれっ、今のは? これあってるのかな?汗、ということが何回かあり、満点は厳しいんじゃないか、と思っていました。

主人からも、「これで準2級に落ちたら、1級の資格ないってこと?」と言われてたし笑 そんなことはないと思います! 現に、面接に行くかどうかは決めておらず😅

でも満点ではない。。。語彙問題が一つ間違えてる。

これ、なんだろう?と思ってみたら。。

大問1, 13, Daisy ate a lot of fried food during her vacation, so she ( )some weight. She stopped eating fried food for about a month to lose it.

正解は、1 put on

多分、2のmade upにしたんだな。。
よく考えたら、put on 以外にないんですが。。

made upだと、例えば、もう少しでそっち行くね!というときに、なんとか間に合わせて、行けた!という時に使う感じなのですが、あの時はput onでさっと「着る」以外浮かばなかったのですね、きっと😅

後から正解を聞けば「そりゃそうだよねー」と思う😅

この辺が、ネイティブ感覚と違うところ。。

ううう。。。残念でした!

そして、英検バンドって私がみた最高が、クライアント様の +16だった気がするのですが、今回の私の点数で+18。

これ、もし満点だったら、+19になるのかな?

ところで、英検の値段が、グッと上がりましたよね。
準2級だと、6900円だったのが、これからは9200円に。

「毎回親子受験したい💓」とか」思っていたのですが、どうしようかなぁ。。😅

クライアント様に、次回準1級、1級を受ける方々がいらっしゃるのですが、準1級は10,700円、1級は12,600円に。うーむ。。。

私が1級をよく受けていた時は、8000円くらいだったような。

まぁ、じかに会って面接もしていただけるテスト、writingもみていただけるテスト、としては、それほど高くない、と言いますよね。

CBTとS -CBTが統合された(基本は、コンピューター上に回答を書くが、writingは手書きでも良い)のも、良いことだと思います。

息子が受験してみて、6歳児でもなんとかできる、とわかってので、子供の英検受験の、選択肢としても良いと思いますし。

英検LOVEなので、英検協会さんにはこれからも頑張っていただきたいです😊