アメリカにいた時、中国や韓国から養子を迎える人が私の周りにも何人もいて、すごいなーと思っていたんですよね。

だって、明らかに、見た目が違う。

「血の繋がった親子じゃないんだな」というのが、明らかにわかるじゃないですか。

もし、私が、明らかに外国人だとわかる子を養子に迎えようとすると、私の両親は抵抗があると思うんですが。。

外国から養子を迎えたママ達に話を聞くと、みんな、親御さんも賛成してくれて、子供をとても愛してくれている、と言うんですよね。

この、Helenのように。
彼女はこうも言っていました。

It really has been a very beautiful experience that they do have someone else in their family that is also Asian, and they are their treasures to all of us in the course of our grandchildren, we call them. They are the most valuable thing to us and all the earth is, and our grandchildren.

(娘がベトナムから養子を迎えたことは、もう一人もアジアから迎えたことは、とても美しい経験で、私たちみんなにとって孫という宝物になったのよ。

孫(家族)は、私たちにとって一番価値のあるものよ。)

もちろん、アメリカでも多様性を受け入れられなくて、悲しい差別をする人もいると思います。

それでも、Helenのような人たちも多いことは、日本にいたらわからなかったことで、アメリカにいたときに、私が一番感銘を受けたのは、そこなんです。

英語ってアメリカだけではないのですが、私が住んだことがあるのがアメリカなので、アメリカの話になってしまうんですが。

私たち(日本人)と見た目も考えもすごく違う(ことが多い)というのも、なんだか未知のものを知りたい気持ちになるんでしょうかね。

アメリカにいたとき、英語の先生たちが「私たちは戦争でひどいことをしたのに、どうして日本の人たちは英語を好きな人が多いの?」と聞かれたことがありました。

そうですよね、その頃は、日本で英語を学ぶなんて考えられなかったんだろうなぁ。。

そして、戦争で辛い思いをした私の父は、私がアメリカに住んでいる時に遊びに来てくれて、初めてアメリカの地に足を踏み入れ、ウォールマートで全てがbigなのにびっくりして(シャレじゃないですけど😅)

「こんなに食べるのか。。それじゃあ、戦争で負けるはずだよなぁ。。」と言っていました。

自分たちと違うところが多いからこそ、話して驚くことが多い。

それって、なんだか、新しいことを知るワクワクにつながり、大袈裟かもしれないですが、なんだか、生きててよかったなぁ。。って、思うんですよね。