この前、クライアント様たちと話していて、面白い現象があることに気がつきました😊

英語だと、褒め言葉や愛情表現がストレートになりやすいと思うんですが、、

男の子ってママ大好きで(女の子もそうだと思うんですけど、、なんというか、男子の方が、おそらく、中学生くらいまでは、精神的にも子供なんでしょうね)

男の子の方が、こういうエピソードがあるように思いまして。。

私の英語コーチングのクライアント様たちは、英語でのお子様への語りかけを増やすことによって、自然と、お子様も英語で話し出したり、英語の理解力がグッと増えたりしているわけなんですが、

クライアント様Yさんは、英語コーチング初めてまだ1週間。

ある朝、5歳の息子さんが、なかなか幼稚園にいく支度をしようとせず、英語もなるべく使って、怒っていたら、

出かける時、自転車に乗せる時に、息子さんがYさんの目をみて、”Mom, anyway, I love you!” と言った、とか。

Yさんは「まだ初めて1週間なのに! 英語を話し出してきた!もっと早くやればよかった!」と思うと同時に、かわいいなーと思ったそうで。

怒られた自分の反省と、怒っているママをなだめるために5歳の男の子か、なんてママに言おうか?と考えて言ったセリフ、なんですね!

また、2歳の息子さんがいらっしゃるCさんは、ある日、仕事が終わって保育園に息子さんを迎えに行って、家についたら、なんと鍵がない!

息子さんに(こんな緊急事態でも英語で話しているのがすごい!英語語りかけ80%目指している方なので!)”I lost my key! I have to look for it! Maybe I have to borrow another key from Daddy’s office, so let’s go there!”と説明したら、2歳の息子さんが、”Mom, I love you, don’t worry! ”と言って、ハグしてチュッとしてくれたそうなんです!

言っていることを理解しているのもすごいし(高額英語教材しておらず、インターなどに言っておらず、ママの英語語りかけだけです)そのタイムリーな(ママへの)言葉がけ!👏

Cさんは「日々、仕事忙しいけど、やってよかったなーと思いますね。

英語コーチング始める前は、恵子さんの息子さんのようにうちの息子がなれると全く思えない、英語をさせる時間も気力もないと思っていましたが、、させるとかではなく、自分が使っていたら話すようになるんだな、やっぱり言語なんだな、コミュニケーションツールなんだな、と。

高すぎる山かと思っていましたが、だいぶ身近になってきました!

最近は、You don’t have to say sorry to me. とか、長い文章をしゃべるようになってきて、私も頑張って自分も進化していかないと、と思います!」とおっしゃっていました😊

英語での愛情表現、と言えば、うちの息子(6歳)も,時々、”Mom, I love you, I want to live with you forever. You’re the most important person to me.”とか言ってくれたりします。

日本語で「ママ、大好きだよ、一生一緒に住みたい。僕にとってママは一番大切な人だよ」とは言わない、、んですよね。

日本語で言ったらなんだかすごく大袈裟な感じがするんですけど、、英語だと大袈裟くらいでちょうどいいので、あまり大袈裟感がなく、言いやすいんでしょうね。

こんなことを言われるとhappy度が増すので、英語語りかけ、オススメです😊