小3の娘さんがいるKelly(アメリカ在住)とはいつも知育とか教育の話になるのですが、最近いいのを見つけた!というので聞いてみたら、flocabularyというyoutubeのチャンネルを教えてもらいました。

ラップに合わせて勉強のことを見せてくれる動画チャンネルで、

Kellyの娘さんは、これにハマって、science では、the three types of the rocks

でigneous rocks (火成岩) sedimentary rocks(堆積岩) metamorphic rocks(変成岩)の違いとかがわかるようになり、

area & perimeter では、

面積と周囲の概念がわかったり、

元々音楽が大好きな娘さん、flocabularyを楽しむことで、学校の勉強にすごく役立っているそうです。

flocabularyをみてみたら、学年、教科、最近から過去のニュースに至るまで、色々なものがあって驚きました。

ラップって言葉が多くてメロディの高低があまりないので、たくさん言葉を盛り込めるから、色々表せることが可能なんだなーと思いました。

私はラップに全く詳しくないのですが、詳しいKelly親子によると、結構有名なミュージシャンが作成に参加していて、音楽のレベルがとても高いそうです。

私の息子は小一になったばかりなので、そのレベルだと、英語の基礎のpronouns(代名詞)とか,あと、道徳的なもの managing worry

心配していることに対してどう対処するか?とか、

empathy お友達が悲しいときなどに、共感することの大切さ、を歌ったものが

いいと思ったのですが、

ラップがいまいち気に入らなかった息子は、興味を示さず。

息子が最近好きなのは、本を読んでいるような、story系の動画なんですよね。

俳優さんが有名な絵本を読む storyline onlineとか.

ちょっと大人になってきたな、と思ったのは、意外と渋い感じの、The Empty Potという話がお気に入りなことです。

中国の話なのですが、「嘘をついたらいけない」という戒めがある話で、その教訓をしっかり感じたようでした。

あとは、いつもテンション高いおばさま、Awnieの StoryTime at Awnie’s House も好きで、特に、Creepy Pair of Underwearが、昔から大好き。

子供(特に男の子)は、パンツ系好きですよね!

同じ著者の、Creepy Carrotsも大好きです。

よく、「子供の英語かけ流し、歌か、絵本の読み聞かせのようなものか、どちらがいいですか?」と聞かれますが、まずは、そのお子様が好きなもの、にもよりますよね。

息子は昔から、歌は嫌いじゃないですが、お話の方がずっと好きなので、story系のものばかりかけ流してきました。

読み聞かせから文章を覚えて英会話に繋がっていったような感じなので、story系のかけ流しは、英語の発話にすごく繋がったな、と思います。

しかし、歌は英語本来のリズムと抑揚がとってもわかりやすいので(その点、ラップはちょっとわかりづらいかもしれませんが)歌をかけ流すことは、リズムと発音のルールが身に付きやすくなりますよね。

ということで、お子様ご本人の好み、素材それぞれの良さを活かしつつ、色々、いいものを取り入れていきたいですね!😊