GWも終わりましたね!

皆さま、お疲れ様でした!!

「お疲れ様でした!」とつい言ってしまうのは、小さいお子さんがいると、長い連休って、自分の休みにならず、かえって疲れませんか?笑

子供が家にいる、まだ一人で遊んだり何かしたりが難しいと、ママ、ママ、になって、どこかに連れていかなくちゃ行けなかったり。。

外出ができたら、まだ、ママ(パパ)さんとしても、気が紛れますが、今回のコロナのように、外出も難しかったら。。皆様、いかがでしたでしょうか。

私は、6歳の息子と、私の両親の家にいたのですが、この期間が、実は私にとっては一年で一番、ある意味厳しい時でして。。

というのも、大抵、私の実家には私と息子と帰ることが多く、パパがいなくて、高齢の私の両親は6歳の息子の遊び相手にはならず、結局ママ、ママ、と言われて自分の時間が取れない、、という感じになってしまいます。

家で仕事をしているので、自分の時間が取れないと結構厳しかったりするのですが、滅多に孫(私の息子)と会うことのない、私の両親に対しては、親孝行できたな、と、少し思っております。

ちなみに、私の両親は、父が88歳、母がもうすぐ83歳なのですが、二人とも薬も飲まず病院にも通わず自分たちのことは自分たちでしていて、健康です。

父は、ずっと歩くのが趣味で、本人曰く「50代、60代ですごく歩いていたのが、健康に役立っている気がする。歩く会の副会長をしていたけど、同時の会長が、自分より10歳上なのに時々駅近辺で歩いているのを見かける。」と言っていました。
父は50代、60代、30−40キロ平気で歩ける人で、地下鉄4駅分ある職場までいつも歩いて通勤していたので、なかなか真似できないですが、父は「健康貯金」していたのかなぁ、と思っています。

母はなんでも手作りする人で、私と弟が小さい頃から、お菓子はもちろんそばも手打ち、餃子の皮も手打ち、味噌もマヨネーズも手作りでした。
子供たちが独立してからも、しゅっちゅうパンやらクッキーやらケーキやら作って、会う人会う人にあげていて、写真は、息子がドーナツを作りたい、と言ったので、一家総出で4時間かけて作った(笑)ドーナツ92個、です笑

料理って頭を使うので、元栄養士で、給食並みの量を作れる人なので、これだけ作っていると、体力も使う。

近所に配ってご近所との関係も良好。(92個のドーナツもあっという間に無くなりました。。)

これも健康貯金の一つか?と思っております。
私はどちらもできていないのですが😅

今、”Die with Zero”という本を読んでいます。

「自分のライフエネルギーを使い切って死ぬのがいい」と勧めている本なのですが、時間も、経験も、お金も、「こうしたい」という意識を持って使って、死ぬときには、やり切った、とゼロでいよう、ということなんです。

その本で言っていたのは「思い出は一番の財産、利子がつく。そのときにしかできないことをすべき」ということです。

例えば、家族との時間。

私は基本仕事がとても好きで、何も邪魔が入らずずっと仕事ができたらどんなにいいか、といつも思います。

しかし、子供がいて在宅で仕事していると、色々中断しないといけなくなったり、します。

このGWも、家にいて、こうしてドーナツ作ったり、息子の遊びが攻撃的になっていて、プロレスごっこばかりだったり😅

大変と言えば大変だったのですが、ママ、ママ、と無邪気にくっついてくる時期も、いつまでなのか。

あと数年なのでしょう。(期待もこめて。。笑)

子供が一人しかいない私にとって、この時期が過ぎたら、もう私がいくら一緒にいたくても、息子の方が嫌がるかもしれません。

そして、今回、じいじともばあばとも一緒にお風呂に入ったり、おやすみ、とちゅっとしたり、たった一人の孫とそんな時間を過ごしてもらうことができるのは、それも今しかできないこと。

ある意味、財産ですよね。

GW、なかなかご自分の時間がとれなかった、ママさん、パパさんたち。

今しかできない思い出貯金をした、そしてそれは、親ごさんご本人にとってもですが、子供たちにとっても心の中で楽しい思い出となり、おじいちゃんおばあちゃんも一緒だったら、2倍、3倍にもなって、たくさんの人たちの心の中にずっと生き続けるのだな、と思います。

そんな、思い出貯金をした、と思っていただいて。。

学校(幼稚園、保育園)に行ってくれるありがたさ、噛み締めましょう!😊