息子、6歳ギリギリで受けた英検準2級の試験、受かっていました😊

5歳の誕生日から英検を受け続け、3級まではストレートで合格。

しかし準2級はそうそう受からせてくれず、気がつけば一年。

3級までは、日常会話の域で、息子の年齢でも持っているものでなんとかなかったものの、準2級からは、普通の学力の息子では、なかなか頭が追いつかない感じでした。

一年前から受け続けて、今回の勝因は何かな?と思ったのですが、思いつくままにあげてみたいと思います。

1、一番は、小学校に入って、机に長時間座る習慣ができたからではないかな、と。幼稚園では自然と戯れて遊びまくっていたので、準2級の試験時間、100分間は、やはり疲れたんでしょうね。
特に違ったのは、リスニング。
これまで、自宅でリスニングだけやってみると8割以上取れていたのが、試験会場では全然そこまで取れていませんでした。
それが、今回初めて本番でも8割以上取れていて、合格に繋がったと思います。

2、小学校で国語の授業が始まったり、先生の指示を聞かないといけない場面が増えたのも、試験時間集中できたことに繋がったのかな、と。

3、7歳近くなると、今までぼんやりとした理解だったのが、少しずつ具体的に繋がってきたなと思います。
これまでは、英文の日本語の意味などあえて聞かないようにしていましたが、7歳近くなってから、あえて理解の深さを尋ねるように。
そうすると、昔より色々わかってきたな、と思うようになりました。

4、writingの苦手意識がなくなってきた。
まだ、好きでもないですけど、小学校の自由時間でも自由帳に英語の文章を書いていたり、スペルはまだまだ正確でなくても、「書くこと自体がいや」という感じでは全くなくなってきました。
小学校(普通の公立ですが)で勉強をしている影響もあると思います。

5、強い分野があったら、英検は受かりやすいな!と。
やっぱり小さい子はリスニングを徹底的に伸ばすべきで、私もそこを徹底していたらもうちょっと合格も早かったかな、と。

6、「どうせ受かんないよー」とすっかり負け癖がついていたのが、前日に、どうせ受けるなら戦ってこい!Do your best!とお尻を叩いたのも良かったのかも、と思っております。

listeningは実力を発揮できる忍耐力がついたんだな、writingも書くことに少し慣れてきたんだな、と思ったものの、なかなか伸びない、reading、特に、最後の長文読解。

一緒に問題を読んで、質問しながら解くとわかるのに、自分一人で解くと、内容を深く考えず「あっこれ知ってる単語だ」という感じで答えを決めてしまう浅さが、やっぱり若い笑

でも、そりゃー6−7歳だから仕方ないよな、とも思い、子供らしくて可愛くもあります笑
英検は準2級以上になると内容も難しくなりますが、年齢相応に全然わかっていないところもあれば、びっくりするほどわかっているところもあるんですよね。

英検のために頑張らせたくないし、うちの息子は基本好きなことしかしない、それでいい。

でも、受けてみたら、成長していることがわかる。

今、英検の教え方を改めて学んでいるのですが、「準2級はとても大切で、準2級の実力さえあれば、1級もいずれは受かる可能性が十分ある」と聞きました。

つまり、英語で学習的なこともわかるか、という、基礎の基礎なんですよね。

。。って、まるでもう受かったようなこと言ってるけど、まだ面接があった!

息子は不思議ちゃん回答だらけなので油断はできないですが、壁を一つ超えたような気がしました😊