理想の家の条件の一つ目、「学ぶのが楽しい家」続きです😊

1500冊ほどある、我が家の洋書を納める、ファミリーライブラリーのスペースが欲しいな、と思っています。

そのライブラリーの近くには、ベンチとカウンターか、またはハンモックなどを置いて、本を手にとって、ゆっくり読書を楽しめるような。

どこかの部屋に蔵書を納めてしまったら、わざわざその部屋に行かないと本が読めないので、できれば、階段を登る途中のスキップフロアーにそのライブラリーがあり、2階にいくついでに、ついふと本を手にとってしまい、時間がすぎてしまう、というような空間を作りたかったのです。

息子の友達も来て、英語多読教室とかをここで開くのもいいなーと思いました。

また、家のことを調べているうちに「スタディトイレ」という概念があることを知りました。

元々、トイレに英単語などを貼っていて、息子がトイレに行くたびに読めたら色を塗ったりしていたので、

「スタディトイレ」(壁がマグネット仕様になっていて、壁に色々はれる、というだけなのですが、そのマグネット面がカラフルになっていて、勉強のものを貼っていても、ポップで楽しい感じになるのです)

も是非取り入れたいな、と思っています😊

2、「仕事の効率が上がる家!」

私はオンラインで仕事をしているので、Macbookの前にいる時間がとても長いのですが。

東京のマンションだと、悲しいかな、それは、やはりダイニングテーブルでした😅

誰かが家にいて、セッションがある時は、寝室にある机でやっていたのですが、結構狭かったんですね。

「理想の家」では、「色々なところで仕事ができる」ようにしたいな、と。

実際、モデルハウスを色々見ていると、コロナ以来、在宅で仕事をしている人が多いので、「色々なところに仕事できるカウンターがある」家が多かったです。

私の理想としては、家の中で、仕事(または勉強)できる箇所を3つ以上作って、モードを切り替えたいな、と。

①、creativeモード
家族がいない時、または家族がいても、子供を見ていたい時は、リビングに繋がっている、景色のいい、広いスタディコーナーで仕事。

ぐっと集中する必要がない時は、ここが基本。

1番、いる場所が長いと思われるところです。

②、focusモード
集中したい時、家族が家にいるけとセッション、という時は、私の部屋で。

私の部屋は、半分をホームジムにして、家でエクササイズできる機材を入れたいんです

ジムとかに通うのは遠いので、、。

半分は、仕事部屋で、私が仕事で使う英語の本や書類などをおいて、セッションができるように。

ホワイトボードとかを置いて、オンラインセミナーもしやすいように、とも思っています。

(zoom内のホワイトボードが1番わかりやすいかもしれませんが…😅)

③relaxed モード
ウッドデッキにテーブルや椅子をおいて、晴れた日は、そこで、自家製ハーブティーを飲みながら仕事したり(実際にこんな場所ができるかわかりませんが、あくまでも理想です❗️)

主寝室(私と息子が寝る予定)にもカウンターをつける予定で、主寝室からはだっ〜と広がるrice fieldが見渡せるので、

ちょっと気分を変えたい時には、そこで仕事するのも良いな〜と思っています。

Part3に続きます‼️😊