いただいていたご質問で、インスタライブで答えきれなかったこと、こちらでお答えします😊

今日は、「英語を話すことを嫌がったり、なかなか自分から英語に触れようとしてくれません」ということについて。

わかりますよー。

基本、子供は「楽な(簡単な)こと」「楽しいこと」をしたいと思うので、自分にとって楽な言葉を使いたがりますよね。

お子様は何歳で、英語はどれくらい理解していらっしゃいますか?

「英語を理解しているか」が一番大切で、理解して十分にインプットが足りていたら、話し出すのは時間の問題です。

英語をずっと聞いていて、なかなか話しださなくても、5歳以下のお子様だったらアウトプットを無理に促さなくてもいいと思います。

聞いて理解できるだけの英語力があるお子様だったら、5歳以上くらいから、少しずつ、練習という形でやっていってもいいですよね。

うちの息子も、日本語の方が得意なので、家では常に英語、というわけではなく、私が英語で話しかけても、日本語で返すことも多いです。

「私に英語で話してくれたら、英語の練習になるのになー。日本語の学校に行ってるんだし」とずっと思っていましたが、

子供は「練習になるから(それほど楽ではない)英語を話そう」とは思わないですよね。

息子のように「いざとなれば英語で言えるのに、楽な道を選んでいて英語を使わない」ならば、

「英語で楽しいこと」「英語で楽しく話せる人」を探していって、そういう環境を与えたら、ちゃんと英語で話してくれます。

「英語で話そうという気になっても、どう話していいかわからない」状態であれば、

文章のパターン練習などをしてあげたらいいと思います。

5歳以下、4歳までのお子様だったら、それもしなくてよく、ひたすらインプット、そして「英語で楽しいことを見つける」といいと思います。

英語はあくまでもコミュニケーションの手段なので「英語で何かをしてもらおう」と親は思っても、子供にとっては、中身が興味ないものだと、わかろうとも思いたくないかもしれませんよね。

「なかなか自分から英語に触れようとしない」ということですが、

「英語」が特別なものではなくて、「英語で色々なものがある中から選ぶ」のだったらどうなのでしょうか?

我が家は、外で英語をしない(英語の学校などに行っていない)ので、本も英語が多かったり、DVDなどもほとんど英語だったり、小さい頃から、なるべく英語を特別だと思わないように、

あと、「息子が好きそうなものを英語で探す」のはかなり心がけていました。

いわゆる「英語の授業」は息子も嫌がるんですけど、好きな動画とか、好きな本、漫画とかは、止めても見ますし、好きな人とか、好きな授業だったら、すごくしたがります、英語でも。

英語で色々なものがあるので、お子様が心が動きそうなもの、心が動きそうな人、を地道に探していったら、きっと色々あると思いますよ。

あと、私はやはり、ママ(またはパパ)の英語語りかけをお勧めします。

お子様が英語を話さなくても、お子様がすすんで英語に関わろうとしなくても、親が英語で話していると理解するようになって、理解するようになると、英語も楽しくなってくるからです。