私は、昔から自然と一人で行動することが多く、「この人、どうして一人でいるんだろう。友達いないのかな」と思われるのが、とても怖くて、つい最近まで、「一緒に行動する人が誰もいない!」という悪夢をみて目覚める、ということもありました。

でも、コーチングを始めたり心理学を習ったりした頃から、そんな夢も見なくなり、だんだん、人のことはあまり気にならなくなって来ました。

というのも、自分は自分らしくいたらたまたまそういう結果になる、というだけなので、人は関係ない、と。

自分が「この人と仲良くなりたい!」と思う人に、素直に気持ちを伝えていけたらいいかな、と。

みんな自分のメガネで物事を見ているので、私たちのように、英語が気になっている人たちにとっては、英語って生活の中で大きいのですが、英語という存在を全く気にしていない人たちもいて、そういう人たちは、私たちが何語で子供に話しかけていようが、気がつかなかったりするものなんです。

コーチング用語では「スポットを当てる」というのですが、私は人と話す時「その人が話したいと思うことにスポットを当てる」ようにしています。

なので、話す相手が英語にスポットがなさそうだったら、英語のことは全く話さない、と思います。

インスタライブの中で、美穂さんが私に、「田舎に引っ越しして、バイリンガル育児をしていること、息子さんに英語で話しかけていることは、新しいママ友さんとかに、どう伝えますか?」と聞いてくださったのですが、どうしようかな、と改めて考えてみると、「自己紹介の時は、助けて欲しいことと、自分が助けられることを一つづつ言うかな」と思います。

「バイリンガル育児をしている人がいなくて孤独。。」「英語で話しかけたりしていると、変な目で見られるかな。。」と思うことも、周りの子供達、親御さん達、と、「子供達を健全に育てる」という目的に向かって、「横の関係」を築いて行く中で、助けたり助けられたりしていたら、なんだか、人と違ってuncomfortableに感じることも少なくなっていくのでは、と。

私は英語のことで何かお役に立てることがあったらやりたいし、でも、こういうこと教えて!助けて!ということを発信していくかな、と思います。

アドラー心理学は「人はついつい、無意識に、縦の関係(誰が勝ったとか、負けたとか)に持ちこもうとしてしまい、それによって、人間関係の悩みが生まれる」と言います。

バイリンガル育児としては、やっぱり、”It’s not a race, but pace.”と言いたいです。

他の子がどれくらい英語ができている、とかは関係ない。

あなたがお子様をどこまで導きたいのか、そして現在との距離はどれくらいなのか、最終地点に辿り着くためには何をサポートしてあげたらいいのか。

そして、昨日よりお子様が一歩でも成長していたら、「横の関係」で喜んで、「私は感動したよ」ということを伝える。

そして、ライブでも言いましたが、

一番伝えたいのは、

「言語を学ぶことは文化を学ぶことで、

日本語とは全く正反対の性質の英語を普段から使っていくことは、

子供にたくさんの視点を与えることになる。

違った視点を幼少期から身につけることで、人生に広がりができるし、

行き詰まることを予防する効果もあるかも」と思っています。

なので、国語を学んでいくのと同じように英語を幼い頃からやっていくと、子供に負担がなく、十分な英語力をつけてあげることができて、

「子供に負担の少ない方法」と考えると、

「親御さんもご家庭で英語を話してみることが、とてもおすすめです」ということでした😊

あくまでも, It’s not a race, but pace, で!😊