センスのないタイトルですみません‍🙇‍♀️

写真は、我が家のトイレです(見てわかりますね😅)

息子が4歳半くらいのころから、こんな感じに英語の単語の表をはって、トイレに行くたびに、できれば単語を読ませて、読めたら色鉛筆で色を塗る、というのをやっています。

一つの表に28文字、7枚あるので、196文字、これを全部読めたらまた新しいのに張り替えて、というのを、たぶん4−5回くらい?この半年間でやってきました。

もうトイレに私がついていく必要はないのですが、あえて、終わったあとにちょっと顔をだして、What’s this?と聞いてみて、読めたら、Great!と色を塗って、色の場所が増えていくのを息子も楽しみにしています。

チリも積もれば。。で、こういった取り組みのおかげで、息子はいまOxford Reading Treeのレベル2から3くらいは、すらすら読めるようになったきました。

ポイントは、

1,全部新しい単語にすると難しくてやる気が失せてしまうので、子供がらくに読める単語もいれておく。

2、Phonics words とTricky words(Sight words)に表をわける、です。

2は、Phonicsを教えているご家庭だったら、の話になりますが、Phonicsのルールにふまえて読んでいるのに、違ったら子供のテンションは下がります。それを、「これ、tricky wordsだから、難しいんだよ!すごいね、読めたね!」というと、子供も嬉しくなります。

Sight words(tricky words)は覚えるしかなくて、ネイティブの子供達にとっても、覚えるのは大変なんです。

彼らも、こんなふうに表をはって、日頃から目にしておいてなるべく覚えようとしています。

読めるようになるスピードは、その子それぞれなので、焦らなくてもいい、と思うのですが。

英語圏の学校に通っているのであれば、小学校からはいやでもたくさん英語を読まなくていけないので、自然と読めるようになりますが、日本の学校に通っていると、英語にふれる機会がどうしても少なくなって、年齢が高くなるごとに、なれている日本語の方がよくなってきます。

そこを、なるべく就学前に少しでも英語が読めるようにしておけば、その後の英語の取り組みがとても楽になるのでは、と思います。

私の英語コーチングでは、ママが英語力をつけて、自信をもって英語育児をすすめていけるようになる、子供と一緒に英語をより楽しめる、というのが第一の目的ですが、このような、お子様の英語力を高めるアドバイス(Phonicsの教え方、読みの指導なども含め)もしています😊