毎日暑いですね!
夏休みの子供達に体力を奪われる夏、、皆様、いかがお過ごしですか?

この夏、我が家は「ご近所で」「格安に」「本場の」英会話ができるところを見つけました。
そこは、、、教会です。
自宅から徒歩で10分ほどのところに、小さな教会があります。
ずーっと前からありましたが、人の出入りがしている感じがなく、キリスト教徒でもない私はノーマークでした。
しかし、そこの牧師様の奥様がアメリカ人で、子供たちに月3000円で週に一回一時間の英語レッスンをしてくれる、と友人から聞きました。
格安だしアメリカ人の先生から習えるのもいいけど、いろいろ教会に奉仕しなければいけないのかな、、と尋ねたら、月に二回日曜学校になるべく来てください、それくらいです、とのこと
。行ってみたら、すごくいいんですね、そこのレッスンが。
先生は80代のおばあちゃまなのですが、歌や絵本の暗唱をとりいれたり、writingもやってくれて。
使っているカードやゲームなどが、とても古いものなのですがすごく良くて現在は手に入らないものが多く、先生に聞いたら、千葉の系列のインターナショナルスクールまでいってわけていただいている、とのことでした。

そこで四日間のサマースクールもやっていました。費用は、なんと無料。
驚いたのが、そのために、アメリカから5−6人の先生たちが、ボランティアで来てくださること。
内容は、教会なので神様のお話や賛美歌を歌うことなのですが、科学の先生が実験してくれたり、ゲームやクラフトをやったり、すべてをバイリンガルでやってくれていました。
その教会に通っている日本在住の人たちも、アメリカ人の方が多く。
夏だけでなく、普段の日曜学校なども、みんな英語が話せて、すべてがバイリンガルで行われていたんです。
教会にいくと、私も英語をたくさん話すことができて、近所にこんなインターナショナルな場所があったとは!知らなかった!!と驚きでした。
子供達はハーフの子が多く、言葉は日本語で遊んでいることがほとんどなのですが、親と話すときは英語だったり、アメリカからいとこが遊びに来ていたりして、息子にもいい刺激になったようです。

教会や、お子さんをキリスト教にふれさせることが嫌だな、と思う方にはお勧めしませんが、英語を学ばせていると避けられないこともありますよね。
英語圏の方にはキリスト教徒の方も多いし、私も、アメリカに住んでいたときは、保守的でクリスチャンの多い地方だったこともあり、よく教会に連れて行ってもらっていました。
私も息子もこれから洗礼を受ける予定もないけど、こちらに通ってもいいですか?と教会の方達に聞くと、全然かまわないよ、いいよ!とのこと。
もちろん、布教が目的だと思いますので申し訳ないですが、賑やかな方がよい、と言っていただいて、とてもいい環境なので、しばらく続けようかな、と思っています。
宗派にもよるのだと思いますが、教会は、アメリカと繋がりのあるところが多いです。
抵抗がなければ、ご近所の教会の掲示板など、チェックしてみてくださいね。
思いもかけないインターナショナルな世界が繰り広げられているかもしれません!