「お子様の希望」は、そのお子様にもよると思います。
何事にも意欲的で、やりたいことがはっきりしている、逆に自分がやりたくないことは全くしない、というタイプのお子様だと、親が英検を勧めても、本人がやる気にならなければ、うまくいかないかもしれません。
その場合(それでも親が受けさせたい場合)は、時間をおいて、時期をみたらいいと思います。
息子の場合は、好きなことにのめり込みますが、英語は言葉なので、その好きなことを英語でするように私が仕向けていた、、ということと、今なら家ではガンプラばっかり作っていて、幼稚園では外遊びばかりです。
英検を受けたい、と本人からいうのを待っていたら、もしかした一生こないかもしれない笑
「ちょっとは緊張感あることしてみてもいいんじゃないの?」と5歳を過ぎたら思うようになりました。
そうそう、お子様のスケジュールもありますよね。
他でいろいろなことにチャレンジしていて、そして英検も、、、だったら、英検のチャレンジそのものが負担になってつらくなるかもしれませんし。 または、やらせたいし、対策はしないといけないけど、親がサポートできる時間の余裕がない、だと、それも大変かなぁ、と思います。
しかし、はたでみていて、「きつそうだなぁ。。」と思っても、当の本人たち、親子からしてみたら、楽しんでチャレンジしていたりすることも多々あるわけで、質問者さんは「子供に早期で英検を受けさせてもいいものか、正解がみえない」とおっしゃっていたのですが、正解は、その親子それぞれが、それぞれの正解をお持ちだと思います。
質問者の方は英会話教室を開かれているのかな、と思いますが、英会話教室としては、お客様のニーズ、お子様達の実際、英会話教室側がどこまでのサポートをできるのか、どこまで親御さんの力を借りなければいけないのか、いろいろ総合的に判断されていくのかな、と思います。
なので、結局言いたいのは「やりたかったらやってみたら?やりたくやかったらやらなくてもいいと思うよ!」という感じです笑
何歳で何級に受かったとか、その「結果」は、人と比べるものではなく、本当にその子次第。
それぞれが、昨日よりも一ミリでも成長できるように、を目指し、その道はそれぞれであっていい(英検であっても、そうでなくても)親が一番いいと信じた道を進まれるのが良いと思います。
子供は視野がまだせまいので、親がこれが良い、と信じたことは、子供に自信を持ってさせてもよい、と思います。
だって、いいのかなーどうかなーと迷っているうちに、子供はどんどん成長していきます。
うちの子なんて自由人の男子ですから、10歳すぎたら、私のいうことなんてきかなくなるかなー、とも思います。
いま5歳、あと5年しかない!と思うと、きっとあっというま。
自分自身が後悔しないために、自分が信じる育児を、自分が一番いいと思う時間の使い方を、お子さんとすべきです。
そして、親が子供のためにいいと思って一生懸命やっていることは、子供に必ず伝わる、と思います。
なので、私は、「子供に英検を受けさせたい」と思う親御さんの何か参考になれば、という気持ちで発信しています。
「子供に英検に受かってほしい」という気持ち、よくわかるんです。
だって、単純に、嬉しいですから笑
「3ナイ主婦が息子に小学6年生で英検1級をとらせた話」で有名な、タエさんも、「英検は、私のご褒美、と思って息子に受けさせた。 (バイリンガル育児を)日頃頑張っているので、たまに自分にご褒美があってもいいんじゃないか、と思った」とおっしゃっています。
英検は、世間の認知度が高いです。 多くの方は学生時代に一回は受けたことがあるので、何級がどれくらい、とか、なんとなくわかっています。なので、小さい子が合格すると、おー!!と驚かれる。 おじいちゃんおばあちゃんもものすごく喜ぶ笑
親御さんご本人も、「おー、ここまでいったか!」と、思うと思います。
英検だけで英語力全体ははかれないとはいえ、listening, reading, speaking, writing、の4技能を、比較的安価で評価してもらえるのも、英検の良いところ。
その「ご褒美がほしい!でも、子供をどうサポートしていいかわからない!」という方は、私のクライアント様であれば、お子様の状況を伺って、アドバイスさせていただいております😄