もう2週間前になるのですが、5歳の息子が、英検3級を受けました。

結果はまだわからないのですが、受験しただけでも、成長したなーと思えたので、皆さんにもお伝えしたくて😄
いつも近所のkids duo で受けていて、5級のときも4級のときも、同じ級で受ける子は3−4人の小規模な会場でした。
そこが、今回人数が基準に満たず、また別のkids duoへ。
その学校は結構人数が多く、3級の受験者は20名以上。
いつもと違う雰囲気で、年上の子ばかりで、幼いうちの子は怖気付くんじゃないかなーと思ったのですが。
終わって帰ってきたら「おれが一番に終わった!」とのこと。
相変わらず、一番先に終わるのが一番偉いと思っている😅
読むのが異様に早いので(長文などは頭にはいっていない)writingもある3級でも、20分もしないうちに終わってしまうのです。
そして、英検終わったばかりなのに、「英検やりたくなってきた」というので、なんで?と聞くと、たくさん小学生の子がいて、この子達に負けたくない、という気分になったらしいです。
へぇーそう思うんだ!と、新発見でした。
今まで、負けん気は全然ない子だと思っていたのですが、年齢とともにそういう気持ちがでてきたのか。
そして、普段からやっている英語で負けたくないと思ったんだなーと思うと、嬉しい気持ちになりました😄
気が変わるかもしれないから、今のうちに!と思い笑 二次試験の面接のDVDを見せると、意外にすごく見たがり、自分もやりたい!この場所に行きたい!というので、これまたびっくり😲
人見知りで、知らない人とは英語でも日本語でも話したがらないので、面接は苦労するだろうなぁと思ったのですが、知らないうちに成長しているものだなーと思いました。
面接のDVDを見て、面接ごっこをしたがるので、毎日面接ごっこしています。
最近は、息子が面接官になりたがり、なぜか私が3級の面接されています😅
が、”This is the end of the test.  You may go now.”  とか、読んでいなくてもDVDからか、私がいったことからか、で覚えていて、結構その面接官役がちゃんとできている😝
私は、クライアント様とそのお子様達はもちろん合格してほしいですが、息子の場合、いつも、どっちでもいいと思っています。
受験すること、そしてその準備を彼なりにすることに意義がある。
そして何より、英検3級を受けたことを通じて、そういう気持ちになった(いい点数をとって合格したいとか、面接を受けてみたい、とか)ことが価値があったなーと思っています。
といいつつ、結果がわかる月曜日は、ドキドキですね😄