コロナの影響もあるのか、「家で、自分で英語を子供に教えたい! そのために英語を上達させたい!」と思うママさんが多く、英語コーチングのお問い合わせをたくさんいただいておりまして、なかなか投稿ができなかったんですが、、

先週日曜日、5歳の息子、初めての、英検面接に行ってきました。3級です。
5歳男子の頭の中(特に、不思議ちゃんのうちの息子の)は大人にとっては?worldで、会場に向かう途中、話をしていて、はぁ?と思うことがいっぱいでした😅   たとえば、
1、英検二次試験対策では鉄板の、旺文社の「二次試験・面接完全予想問題」という本があるのですが、それについているDVDにでてくる人たち、Yoshio Tamura(面接官)や Akiko Suzuki (受験者)に会えると思っている。
DVDの世界がそのまま再現されるんだと思っているんですね。
2、「誰が先生?ママ?」と聞かれる。
ママが先生で面接になるか! 面接の意味わかってんのか!と思ったのですが、いつも私と一緒に面接ごっこしていたので、本番も、練習の延長と思うのでしょうか。
3、Are you nervous?と何回も聞いても、日本語で説明しても、「緊張する」の意味がわからない。
これは、年齢というか、性格なのか。。あまり緊張していなかったようで、平常心でした。
会場は、小さい子もいましたが、息子はおそらく最年少かな?という感じでした。
ちなみに、このご時世なので、会場内にはいるときもみんな消毒液を手にスプレーされて、ほぼ全員マスク着用。(面接のときははずさないとダメですが) TOEICも3月は中止になっていますもんね。
面接が始まる前の待合室で、他の受験者の方々が「二次試験・面接完全予想問題」を広げて最後の追い込みをしている中、息子は「あっ、Zガンダム!」と叫び。。
「これ受かるから、zガンダム(のプラモデル)買って!  今すぐ!」とのこと。
「これから面接だから、まだわかんないじゃん!」と言っても、「大丈夫、受かったから、いまアマゾン開いてみて!」とのこと😅
ちなみに、「会場で携帯電話を使ったら、いかなる理由であろうと失格になります」と言われております。
そんなくだらない理由で失格になりたくない!と思い、「とにかく行ってこい!」と送り出し。。
終わって戻ってきて、「何聞かれた?ちゃんと答えれた?」と聞いても「何聞かれたかは覚えてないけど、受かった。zガンダム買って。」ということで、会場を出てからすぐ、英検会場の真ん前で、アマゾンを開かされてZガンダムをポチらされました😅
息子の自信の源は、「毎日やっているから」です。
面接対策も、毎日私と一通り面接ごっこ。 3級のは短いので、5分とかからずです。
他の人ともやった方がいいかなー、と、友人のアメリカ人に頼んだりしましたが、可愛い女子だったからか、息子が照れちゃって全然だめ。
オンラインでも試みましたが、これまたほぼ同じ状態。
お子様の性格によると思いますが、いつも一緒にいるママが、子供の気分がのっている時にやることが一番いい、と思っています。
ママが少し意識するだけで、髪を乾かしているときに、想定される問題をちょっと聞いてみるなど、時間をかけず、子供に負担をかけず、いろいろなことができます。
面接が終わったあとも「面接ごっこ」をしたがる息子。
ご褒美のZガンダムは結果発表前にもう手に入れていますが、これで落ちていたら笑ってください笑