先日、新しいクライアント様の一部の方々と、「幼児に自宅でPhonicsを教える効果的なやり方」のレッスンをしました。

このコロナ騒動で、私を含む、ほとんどの方々のお子様がすぐそばにいらっしゃる状態でのグループレッスン。
みなさん、授乳しながらだったり、途中、画面に入り込んでくるお子さんと一緒に発音の仕方を学んだり。
今年に入ってから、「親子で英語力を上げる」「自宅でママがお子様に英語を教える」ことができるようになる私の英語コーチングは、問い合わせが絶えない、嬉しい状況。
新しく英語コーチングをスタートした方々の頑張りもすごくて、この閉塞的な状況も、「今が自分の英語の頑張りどき、そして、子供の英語のとりくみも今ならじっくりできる!」とみなさん前向き。
100日間からのコースなのに、始まって2週間でもう目標達成間近な方まで現れました!
私が起業するときに、「ママさんが英語? そんなビジネスあたるの?
ママさんなんて、自分が勉強したいなんて思ってないでしょ。
子供だけできたらいいと思ってるでしょ。
外人のママとのイベントとかやった方がいいんじゃないの?」と言ってきた男性起業家がきて、私は怒り狂いましたが笑
そいつに今の私のクライアント様の頑張りを見せてやりたい。
女は強い、そして、母親になるともっと強い、と思います。
コロナ騒動で、オンラインでいずれ私のような仕事をしたい、と目指して私のところに来てくださった方々も。
ご自身とお子様たちのより良い未来のために、努力を重ねています。
アメリカで英語を頑張ってTOEIC430点から975点にしてよかった。
アメリカのスピーチコンテストで入賞してよかった。
育児が一番大変な時に英検1級に合格してよかった。
バイリンガル育児と幼児教育について投資しまくって調べまくってよかった。
英語コーチと発音矯正トレーナーになれてよかった。
英語を全く「勉強」する気がない5歳の息子が、英検3級をとれてよかった。
私がこれまで、「本当に私が起業しても私個人のところに来てくれる人っているのかな?」と不安になりつつ、ひたすら未来のクライアント様のために勉強していたことが、いま活かされていて、とても幸せに思います😄