3歳と2歳のお子様がいらして、医師のお仕事をされながら、100日間で「英語語りかけ40%→ネイティブと滑らかに30分会話する→英語語りかけ50%」という、なんと3つの目標を達成されたHさんより、3つも目標を達成した秘訣!英語コーチングを受けていただいた感想が届いております😄

100日間本当にありがとうございました。
皆様言われることですが、本当に生活が大きく変わったなと思います。
私は今まで、英語に力を入れている高校に行っていたこともあり、英語が好きで、英語を使う職種に憧れまで抱いていたものの、結局大学以降は全く英語学習する環境になく、高校時代の英語力どころか、旅行英会話さえままならなくなっていました。
でも英語を話せることへの憧れは捨てきれず、英会話教室など検索はするものの、結局仕事だ育児だと、無理だなーと過ごしてきました。
でも、恵子さんのコーチングを受けてみて、全部言い訳だったなと感じます。
コーチングを受けようとしたきっかけは、一つはもちろん自分が話せるようになりたいから。
周りに海外で仕事をしている友人も多く、職種柄、留学される方も多いし、上司の多くも話せて当たり前な方が多かったこともあります。
そして、2つ目はこれまた恵子さんのコーチングを受けておられる方には共通していることですが、子供のために!ということです。

我が子には、自分のように『英語が話せたらなー』『留学しとけば良かったなー』などと思い続けて欲しくない。後悔してほしくない。
そして、英語が話せて当たり前の社会になっていくだろうこと、逆に英語が話せないという理由で選択肢を狭めて欲しくないというのが1番です。
将来子供が自分の道を探っていく中で、出来る限り多くの選択肢や希望の中から自分の道を決めて欲しいと思っています。
それは英語だけでなく、子供の360°全てに対してですが、もし英語ができなければ、選択肢から外れる以前に、選択肢にあがってすらこないことがいっぱいあると思います。
『子供の可能性を伸ばす』ために、自分ができることで、少しでも子供のためになるかもしれないなら、出来る限り時間も手間もかけてあげたいと思っています。
その一つが英語でした。DWEはもちろん英会話教室など色々考えましたが、SNSで恵子さんを見つけ、その考え方に共感、感銘を受けて、半年くらい経った頃か、コーチングの募集に一瞬迷ったものの、締め切られる前にっと飛びつきました!笑

正直、初回セッションの時はコーチングがどんなものなのかも想像できず、ゴール設定も全然想定できなくて、何%が妥当なのか、英語語りかけ40%なんて3ヶ月で無謀なのではないかというのが本心でした。
でも、始まってみると、毎日すべき課題がはっきりしているので、まずはこれをこなせばいいというのは分かりやすかったです。
コーチング開始と、コロナで登園自粛が重なったこともあり、ちょうどまる3ヶ月ずっと子供と一緒だったので、始めは時間をとるのが難しく、その日のタスクを終えるまで、とにかく深夜までやるなんてことも多かったのですが、セッションや交流会で相談させてもらい、少しずつリズムも掴めるようになっていきました。
子供達も初めは英語で語りかけてもキョトンとしていましたが、拒否することもなく受け入れてくれました。英語絵本は旅行の時に買った一冊しか持っていなかったのが、コーチングが終わるまでに英語絵本はかなり数が増えました!
英語絵本の内容をどのくらい理解できているのかは分かりませんが、毎日楽しみに選んできてくれることを、今はとても嬉しく思っています。日本語絵本でもお気に入りの物は暗唱するようになったので、そんな感じで少しでも英語のインプット、アウトプットにつながっていけばいいなと思っています。
子供達のその他の変化としては、最近は、少しずーつですが、3語くらいの文も出てくるようになったり、恵子さんお勧めのアクションカードで絵を見たら単語が言えたりするものが少しずつ増えてきました。
初めは全然だったので、やはり続けていくことが大事だなと実感しています!
バイリンガル育児アドバイスのおかげで、このコーチング期間中に読み聞かせやフラッシュカードが習慣化できて、とても助かっているので、他の取り組みの習慣化も、少しずつ増やしていけたらなと思っています。

英語語りかけは始めなかなか%が増えませんでしたが、英作文の音読や、シェア英作文でフレーズを増やしていけたことで、20%あたりから語りかけ意欲もupした気がします。主人にどのくらいかなと聞いて70%くらい喋ってるんじゃない?と言われた時はかなり嬉しかったです。(もちろん甘め判定だとは思いますが)
40%の目標も自分の予想に反して、コーチング期間半分くらいで達成でき、本当に自分でも驚きました!

即座に次の目標設定で動き出す恵子さんのスパルタ具合に、油断することもできず笑、でもはじめにゴールとして迷っていた自分の英会話もできたのはとても嬉しかったし、語りかけとは全然違った勉強法であり、頑張り方も違ったので、100日でこの2つをできたのはとても有意義だったなと思います。
Part2につづきます!