今日、息子は初めて「全国統一小学生テスト」を受けてきました。
https://www.yotsuyaotsuka.com/toitsutest/#outline
小学生のためのテストなのですが、幼稚園年長さんも受験できると聞き、今回初めて参加してみました😄
皆さんご存知の方々が多いと思うのですが、「全国統一小学生テスト」は、大手塾の、四谷大塚が主催していて、東進や早稲田アカデミーも参加されていて、対象年齢であれば、対象塾の生徒でなくても、無料で受験できます。
私のだいぶ前の記事「小1の12月に英語スタート→小4の7月に英検1級合格の軌跡」でレポートさせていただいた、小4で英検1級、漢字検定2級、数学検定2級をお持ちの淵上理音さんも、塾には通っていらっしゃらなかったですが、このテストはずっと受けて、ご自身の全国での位置を把握されていらっしゃったという話を聞いて、対象年齢になったら受けてみたいなーと思っていました。
もちろん、天才で努力家の理音さんは良くても、息子の場合は勉強嫌いなので、彼の全国位置を知るのは怖いですけどね😅
まぁ、そういう緊張感もたまにはいいか、ということで。

自宅から比較的近くを選んだら、会場は、早稲田アカデミーに。
その会場では、年長で受ける子達は、12,3人。
7ページくらい、比較的、この年齢にしては小さめの文字で書かれた、算数と国語の融合問題のテストでした。
息子は、簡単だった、と言っていますが、結果は、二週間後くらいに郵送されてきます。
年長は、平均点が(100点満点中)80点になるように作られている、とおっしゃっていたと思います。
英検では私が名前や受験番号を書いていたので、自分で全部やるのは初めての経験。
滅多にあることではないので、経験させていただけるだけでもありがたいな〜と思いました。

子供達が試験を受けている30分間、親は別室で保護者会。
「中学受験を考えているなら、小1から小4の時期は、いろいろ試行錯誤できる貴重な時期です。
今から思考の幅を広げておかないと、小4からいきなり真剣に勉強しようと思っても、やらなければいけないことの暗記になってしまって、なかなかつらいですよ」というお話。
そうなんですけどねー、子供の器というものがありますからね。
中学受験も考えていますが、様子を見て、息子が合わなそうなら、「ゆる受験」もいいなーと思っています。
「ゆる受験」とは、最近地味に流行っているそうなのですが、(これを大々的に報道すると、塾産業が儲からなくなるので、あまり報道されていないと聞きましたが。。)
「中学受験はするけれど、小学校時代、本人の好きなことをして、上位校は目指さず、小6から勉強をはじめて、面倒見がよくて、カリキュラムがしっかりしている中堅校に入学し、合格したあとのあと伸びを狙う」というものらしいです。
英語がこのまま苦でなければ、好きなことを伸ばして、それを受けて入れてくれる学校を探すのもいいなぁ、、と、保護者会に参加しながら、思っていました。
勉強はしなければいけないことはわかっているのですが、自分の好きなこととそうでないことがはっきりしている息子が、いろいろできなければならないためにすることを考えると、それだけで気が重く。。😅
中学受験なんて、まだまだ先の話なので、まだわからないですが、今からいろいろな選択肢を私も知っておいて、息子の様子をみながら、決めていこうかと思っており、情報収拾だけは進めております。
でもやっぱり、一芸を伸ばすのは、いいですね。
好きなことであれば、本人も楽しく時間を過ごせるので😊