子供に日々読み聞かせている、英語の絵本。
大人も「英語の物語」を楽しむことで、英語力も上がります😄

アメリカ人のAshleyから、「すごくいいよ!聴きやすいので、生徒さんにもいいと思うよ!」と、LaVar Burton という方のPotcastを紹介してもらいました。
“The Paper Menagerie” by Ken Liu
LeVar Burton Reads

An immigrant mother tries to bond with her American-born son by creating a magical paper menagerie. This story appears in Ken Liu’s collection THE PAPER MENAGERIE AND OTHER STORIES, available now from Saga Press. Thanks to our presenting sponsor Audible. Start your free trial and get a free audiobook at audible.com/levar. See omnystudio.com/listener for privacy information.
Apple Podcastでお聴きください: https://podcasts.apple.com/…/levar…/id1244649384…

上記にURLがありますが、どちらにしろ、Podcastのアプリをいれていない方は、いれていただくことになるのかな、と思います。
そこから、Lavar Burton Readsと検索していただき、この方のチャンネルをみつけたら、そこから、episode11の、Paper Managerieをみつけてください。

クライアント様に勧める前に、と思って聞いてみたら。。感動して、泣きました!
Ashleyによると、Lavar Burtonは、子供にストーリーをずっと読み聞かせている番組を持っていた有名な人で、40年たった今も、当時の読者にずっとストーリーを楽しんでもらいたいので、今は、大人向けのフィクションを読んでいるそうです。
この人の読み方が素晴らしく、また、この作品の内容が素晴らしい!!
アメリカ人の父と中国人の母を持つ、アメリカで暮らす少年の話です。
英語を話せない母は、自分の悲しい過去と、子供への愛情をなかなか息子に伝えきれず、、、ざっくりいうとこういうストーリーなのですが、親の愛情というものの普遍性を感じて、母であればつい思い入れを感じてしまうのではないかな、と思います。

大人も子供も、英語力を伸ばすのに、「物語を読む」ということは、とても有効だと思います。
描写を聞いていて、起こっている出来事を想像しますし、その言葉の蓄積が、アウトプットにもつながるからです。
日々、お子様たちには英語の本に親しんでもらいたいなと思い、英語の洋書が1300冊以上ある我が家にある私は、クライアント様には多読レンタルもしているのですが。
先月、このPaper Managerieを使って、英語コーチングのグループ内で、「リスニングコンテスト」をやりました。
30分ほどのストーリーなのですが、概要を書いていただけたら、、と思ったら、なんと、約2名、ものすごーーーく細部まで書いてくださって。。優勝者は、翻訳家並みの仕上がりに!!👏
その方の訳を読んで、グループメンバーみんな、Paper Managerieの本を日本語でも楽しめた!という感じになり。👏
出場者の方々は、「難しくて時間もかかりましたが、これを機にリスニング力も上がった感じがします!」ということでした😄
ご興味持った方、ぜひ、聞いてみてください😄