子育て後の、理想的な未来

私には、role model(こうなりたい!と思う人)ともいえる人が何人かいるのですが、その筆頭なのが、写真にうつっている、Sallyです。

Sallyは、私がアメリカにいるときにtutorをしてくれた、英語の先生です。

結婚して、子供を男の子を4人産んでから、大学院にはいって教員資格をとり、街にくる、私のような外国人のたくさんの人々に、英語を教えてくれていました。

いつも笑顔でとても優しく、よくtea partyを開いてくれていろいろな人と交流する機会を与えてくれて。

英語圏の人は、自分の話をずっとするタイプの方も多いのですが、いつもみんなが均等に話せるように話をふってくれる、気遣いの人でした。

tutorをしてもらっていたころは、彼女に完璧に添削してもらい(私の、今でもこまかい英文添削は彼女譲りです)、私が質問して、もしSally が答えが定かではなかったら、出版社にまで問い合わせてくれる、という丁寧さで笑

今も、メールしたら12時間以内には返信してくれて、毎年、家族の状況を知らせてくれる、Christmas letterを、日本までも送ってくれていて。。

現在、Sallyは86歳。

今はsenior communityという、健康なご老人がはいる老人ホームのようなところにご主人と入居しているのすが、日本で聞く「老人ホーム」のイメージと違い、そこは、ご主人とSallyそれぞれのオフィスがあり、ゲストは5人は泊まれるそうで。

子供や孫が海外から来ても、そこに泊まってもらって、共用施設でバーベキューなどしているそうです。

料理や掃除など身の回りのことを自分たちでして、今でも運転してどこにでもいくし、週4回ジムに通い。

ご家族が世界中にいるので、コロナの前は、日本はじめ、ご主人とよく旅行していて、日本でも何回か会いました。

日頃は、街のbook clubのリーダーや、international friendship groupのリーダーをして、コロナ禍でもしょっちゅうズームでセミナーをやっていて、教会で自分のファミリーの歴史を書いて本を出版して、、という。

「自分のスキルで稼いで、出会った人たちとの絆を大切にして、地元のコミュニティにも貢献して、書くことで自分を表現して、最新のテクノロジーを使いこなしている」という、

私の理想の女性であり、理想の老後の姿なんですねー。

世界中にいるご家族と、ハワイやアメリカ本土、スウェーデン、日本で毎年集まっているSallyのご一家は、コロナの今、zoomでreunion(再会)していて、この前も30人くらいの家族でzoomで話していたそう。

彼女が主催しているbook clubも、今はzoomだから、私もその気になれば参加させてもらえるんだなーとふと思いました。

オンライン化が加速している今、英語ができたら楽しみは広がります!!

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み