受験がない⁉️オーストラリアの教育制度

学校制度について、オーストラリア人にも聞いてみました。

オーストラリアも、州(7州あり)によって、微妙な違いがあるそうです。

Primary school (小学校)とkindergartenが一緒になっているか、は、その学校によります。

Brisbane出身の先生は、日本と同じように、独立したkindergarten(小学校と一緒になっていない)に2年間いたそう。

ただし、アメリカやイギリスと同じく、小学校が始まるのが日本でいうと幼稚園年長の年です。

こう考えると、5−6歳になると、もうお勉強のできる年、と英語圏の国々は考えているのですね。

日本の5ー6歳もそうかもしれません。

Primary school は7年、その後のsecondary schoolは6年。

中高と同じ学校だそうです。

驚いたのが、オーストラリアはいわゆる「受験」がない、ということ。

Secondary school入学のときも、大学に入るときでさえも、その学校の試験を受ける、ということはなく、学校の成績、州が主催のテストの成績で決まるので、合否の条件がとてもクリアだそう。

私立学校に行くときも、いまいる学校の成績で入学できるか、が決まるそうです。(30〜40代の方々に聞いたので、今は少し違うかもしれません)

入試のためにお勉強しなくてもよい! 良いんでしょうか、一発逆転のチャンスがなくてつまらないでしょうか。。

そして、いわゆる「新学期」

アメリカやイギリスでは9月に始まりますが、オーストラリアでは2月だそうです。

しかし、企業の「年度」は、6月から始まるそうです。

南半球なので季節の違いもあるし、おもしろいですね。

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み