6歳児・英検準2級 波乱万丈親子受験記 part2

昨日、英検準2級を受験した6歳の息子。

うーむ。。。まだ、5歳の頃の方が態度良かったぞ😂

英検のたびにこちらが気疲れして、(今回も、試験後は周りの方々や試験官に謝りまくり)私は2歳くらい歳をとるような気がします😂

これで合格するなら苦労も報われますが、初めて答えたところをマークしていた息子の回答を見たら、前回よりあっていなさそう😂

私の仕事が忙しく放置状態だったので、前日に時間どおりにやらせてみたら、しっかり読んでいない。

なんとなく適当に読んで「多分こうだろ」と適当に予想をつける。

私が読んで「本当にそう?」と改めて聞いてみたら、「あーそうか、こっちか!」とわかる。

しっかり考えたらわかるのに!なんでしっかり考えないんだ!?と本当に不思議で。。

それは、英語に限らず、国語や算数でも同じなので、幼児教室の先生に「いつになったら、落ち着いてしっかり読もうとするんでしょうね。。」と言うと、「多いパターンは、小3か小4くらいで、適当にしてあっていないことが、友達と大きな差を生むのに気が付き、自分が悔しいと思って、初めて治ってくるパターンが多いですね。

男の子は、自分で気づくまで、何度言っても左に右、になる子も多いんですよ。」とのことで😂

良かったところは、writingのトピックが”Do you think school classrooms in Japan should use air conditioners in the summer?”だったのですが。

色々予想問題を息子に聞いて、アイデア出しはしていたものの、エアコン?エアコンについて出題されるとは思ってもみなかった!

Air conditioners ってわかるかな?と思ったのですが。

それは、おうち英語の強みで、私が日常生活で使っているので、ちゃんと読めて、何を聞かれているかはわかったらしく、一応58字は書いたらしくて。

(内容は、エアコンがないと夏は暑いし冬は寒いから、みたいな、薄いものでしたが)

6月に受験した時は、I like breadしか書かなかったことを考えると、そこは成長したな!と思いましたが、全般的に、まだ地頭と精神の成長が、英検準2級レベルに追いついていないなー、と思いました。

英検って、英語力以外には、1、地頭と読解力、集中力のある子 2、しっかりお勉強できて対策できる子(お勉強において、精神的に成熟している子) どちらか2種類の子が高い級も合格し続けられるのだと思うのですが、息子は、どっちもないですね。。

なので、合格して欲しければせっついてやらせるしかないのですが、なんだかそれもやりたくなく。

本気で合格させようと思ったら、やり方は色々ありますが、物理的に私の時間もなく。。

3級までは、あまり対策しなくても、英語を日常的に使っていれば順調にいったのですが、準2級からは、地頭の良さか、コツコツ努力か、どちらかが求められますね。

これも、家庭ごとの選択ですね。

努力しないとできないとしたら、子供がそれがしたいのか、できるのか。 親がそれをサポートする時間と力量があるのか。

大人の英語コーチングもそうですが、「本人がやる気があるなら、そして英語でやりたいことが決まっているなら、そこにたどり着く道を考えて、実際に辿り着けるまで毎日サポートする」のが英語コーチの仕事なので

親子ともに「それがしたい!」ということでしたら、いろいろな方法があり、バイリンガル育児アドバイスでは、クライアント様には個別にお伝えしているのですが、

まぁ、我が家は、幼い息子の成長を気長に待とう。。。と思いました。

せめて、試験中に鉛筆落とすのはもうちょっと回数減らせないかな。。😅

昨日英検を受験された方達、お疲れ様でした! 😊

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み