アメリカで赤っ恥⁉️私の恥ずかしい英語の間違い part1

サッカー選手の本田圭佑さんは、「サッカーが上手くなりたければ、とにかく毎日ボールを蹴ろ。いつもボールと触れ合っていなさい。」と言ったそうなのですが。

何かの技術を身につける、って、そういうことですよね。

例えば、料理が上手くなりたかったら、やっぱりたくさん料理をして、体で覚える部分も大きいんだと思います。

英語ももちろんそう。
英語を話せるようになりたければ、たくさん使っていただきたいのですが、たくさん使ったら、もちろん、失敗もたくさんあるわけで。

私の講座を始めてくださる方たちにに、「英語での恥ずかしい失敗ってなんですか?」と聞くと、大抵、「特に、、思い当たりません。。」とおっしゃいます。

「それじゃダメです、これから、たくさん失敗しましょう!!」と言っています。

そう、みなさん、失敗するほど使っていないんです。

間違えたらどうしよう、と、失敗を恐れている人たちもたくさんいます。

でも「失敗せずに何かの技術を習得する」「英語の間違いを全くせずに英語がペラペラになる」なんてことは、人間なので、あり得ません。

私が思い出せる限りの、「私の英語での失敗」をお伝えしたいと思います😊

30歳で、主人の転勤でアメリカに行ったばかりの頃のこと。

英語が話せるようになりたいと、ESOLスクール(英語を母国語とする人たちのスクール)にはいりました。

やる気だけはあった私は、英語力もないのにadvancedクラスを志願。

やる気を買っていただき、入れていただいたのですが、授業中は、何を言っているのか、さっぱり😅

周りは、私と同じように旦那様についてきた若い奥様が多くて(国籍はバラバラ)楽しそうに話している話の輪に入りたかったのですが、何を言っているのかわからないので、なかなか話に入れず。

しかし、ある日、「どうやら、旦那様の愚痴を言っているらしい」というのはわかりました。

「私が一生懸命料理しても、お皿も洗ってくれないのよ」らしきことを言っている、とはわかってきたのです。

なので、私は「いまだ!」と思い、”Actually, my husband isn’t a good cook…”と、「旦那は料理が下手でね」と言いました。

言ったつもりでした。

しかし、そこで、盛り上がっていたみんながシーンとなり、先生が一言、”Keiko….you shouldn’t say that. “と言ったんですね。

??あれっ、旦那様の愚痴大会じゃないの??と意味がわからない私を尻目に、授業は進み。

どうしてみんなが黙ったのか、後からわかりました。

My husband isn’t a good cook のcook って、「コックさん」というので、コック、と発音していたのですが。

それって、英語にすると、cock. これって。。。あの。。。男性の。。その、男性のシンボル、という意味だったんですね😂(ピンとこない方、辞書をひいてみてください😂)

My husband isn’t a good cock…つまり「夜の生活の愚痴を言い出した? 愚痴ってそこまで言う?」と思われて、みんな、シーンとしちゃったんです😂

後で、ドラマ Sex and the Cityをみて、自分の間違いに気がつきました😂

こう言う話いっぱいあります。。。笑っていただけるなら、不定期でアップしていきたいと思います😂

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み