子供をguide,helpするために

マザーズコーチングスクールを卒業しました!😊

これから、TSCコーチング(一般のコーチング)をもう少し学んで、パートナーシップコーチングも学んでから、マザーズコーチングも教えられる資格を取ろうか、と思っています。

英語コーチングが大忙しなので、少しずつ、少しずつ、ですね。

通常、コーチングとは、「クライアント様が行きたいと思っている場所に、より早く、より楽しくお連れする」ことを言います。

英語コーチングでいうと「クライアント様が欲しい英語力をつける」と言うこと。

ご本人がやりたい、と思うことが、大切です。

なので、通常のコーチングが効くのは「早くても中学生から」と言われています。

そのお子様の成熟度によるので、年齢で一概には言えませんが、本人がやりたい、と思っていることが大切です。

一方で、マザーズコーチング、とは、わかりやすく言うと「子供をcontrolしようとしない、子供にobeyする(言われるがままに従う)わけでもない、子供の気持ちを聞いて、子供の本来の能力を伸ばす」ということになります。

子供を支配しない、子供の言いなりにならない、でも、質問をすることによって、その年齢なりにやりたいこと、なりたい姿、を探っていって、自分ができることをする。。

「世界を旅するモンテッソーリ親子」のEmilyと、言っていることは共通しているように思います。

この部分と、大人がやらせたいと思うことを習慣化させることと。。

controlすることと、guideすることの区別が、縄のしめ加減というか、それにいつも悩み、迷います。

仕事で忙しいと、生活するだけで必死の部分もあり、放任することと自由にさせることの境目も、いつも迷いながら進んでいます。

私のマザーズコーチの早由紀コーチは、5人のお子様がいらっしゃいますが、中学生以上のお子様達は、母親に「お世話してもらうこと」は求めておらず「(母親は)質問をしてくれる人、と思っている」ということでした。

進路に迷ったら、「質問して」とやってきて、母である早由紀コーチが質問をすることで、お子様の意思がはっきりし、「決めた!」と自分で決めて、「私に何をサポートしてほしい?」と早由紀コーチが聞いて、「これをしてほしい」と答える、いつもそうで、みなさん自分で決めているそうです。

「コーチは透明であれ、相手をコーチの思う方向に導こうとしない」というのが鉄則です。

私は、それができるのか、、

それも、迷いながら進んでいます。

ひとまず、子供と週一のミーティングをすることにして、具体的なやり方などは、クライアント様には詳しくお伝えしよう、と思っています。

ママも人間、日々迷いながら進んでいる。

でも、コーチングを学ぶことは、子育てにきっと良い影響を与えるはず。

そう思いながら、これからも記事を書いていこうと思います😊

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み