小1で英検準2級合格、意外と?テキトーな勉強法 Part2

英作文に何を書くか、というのも、こんな感じで、息子の意見を聞いて、例えば、”Do you think that more people will eat fast food?”(人々は、ファーストフードをもっと食べるようになると思いますか?)と聞いたら、

“No, I don’t think so. Many people are busy, so they don’t have time to eat fast food. “
(いえ、そうは思いません。
多くの人が忙しいので、ファーストフードを食べる時間がありません。)とわざと反対のことを言って、志村けんさんばりにずっこける私をみてケラケラ笑う、という感じだったり😅

英検の中で好んでやるのがリスニングで、シャドーイングさせて、問題の答えを英語で言ってもらうのですが、レストランでお客様がノリノリでおすすめのパスタを注文する、という流れなのに、”He said he wouldn’t order the pasta because it smells like poo!(訳しません)”と言ったり。。。

でもこれも「わかっている上で、ふざけたくて言ってるんだな」とわかるので、「英語力ついてきているんだなー」と思いながらやっています。

息子が英検のためにやっていることは、こんな感じで、全て、プラモデル作ったりレゴ作ったりしながら、やっています。

勤勉なAちゃんがやってきた感じと、だいぶ違う。

でも、その子それぞれ、その親子それぞれの英語の向き合い方があり、その子らしさを活かしたやり方がいいな、なるべく伸び代を残したようなやり方がいいな、と思っています。

それでも英語力を伸ばしていく、そのバランスが簡単ではないのですが…

英検もチャレンジするけど、子供を疲れさせないように。

そして、ママが英語ができて、ママと一緒に取り組んだら、子供は自分のペースで英検にも向かうことができる。

「英語ができるママ(パパさんも!)を増やしたい」

私の想いは、息子が生まれた時から続いています😊

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

NEW POST

  1. 帰宅した小学生の息子に、英語で話しかけてみた! リスニングチャレンジ! 駐

  2. 英語苦手7歳5歳2歳ママ→親子3人で英検合格まで!

  3. インスタライブPart2:海外大学に進学するには?子供をバイリンガルにしたその先の世界

  4. インスタライブPart1:海外大学に進学するには?子供をバイリンガルにしたその先の世界

  5. 海外大学に進学するには?子供をバイリンガルにしたその先の世界!

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み