【バイリンガル育児】英語文字読みのステップ〜その1〜

Youtubeで、12steps teaching your child to readというのを見つけました。 基礎がつまっているな〜と思ったので、内容をみなさんにシェアします 尚、直訳ではなく、私の解釈を含めています。1.Start reading early早い時期から本を読む子(読み聞かせされている子)は、生涯にわたって読書をする率が高いと研究結果にある。はっきり目が見える前でも聞くことはできるので、とにかく早い時期から読み聞かせること。 生まれたばかりの赤ちゃんに、読み聞かせをいつ始めようかな〜〜と思われると思います。正解は「お腹の中にいるときから」以前、アメリカで飛び級で10代前半で名門大学に入った子の母親のインタビューを聞きました。 妊娠がわかった時から大量の絵本、本をお腹の子に向けて読み聞かせ、ためになりそうな大学の授業を聞きに行った、とおっしゃっていました。実際は、子供が生まれると、小さいうちは、読み聞かせよりも歌いかけや赤ちゃん体操などのスキンシップの方が月齢にあっているかと思いますよね。それもそうなのですが、一日一冊でもいいので、綺麗な色使いの本を見せて読み聞かせる、を習慣にしたら、読書のワクワク感が伝わるかな、と思います2.Read to your child覚えるということではなく、ページをめくると新しい世界、新しい言葉に出会えるというワクワク感を体感させ、本を好きにさせる。読み聞かせを早いうちから習慣化して、月齢が上がるたびに量を増やしていくのが理想だと思います。我が家では、授乳していた3歳1ヶ月までは授乳のたびに、そのあとは寝る前に寝室で30分から1時間、読み聞かせをしています。3.Be a good example子供はすぐ親の真似をする。本を読ませたかったら、本を読むことは価値があると親が態度でしめす、親がよく読んでいる姿を見せること。難しいですが、携帯よりも本を多く手に取る姿をお子さんに見せましょう4.Make books accessibleたくさんの本がいつも手に届くようにしておくこと。 家に本を揃え、本棚の位置の低いところに置いたり、よく遊ぶところに積んでおくなど。ここまでは文字読みの前段階ですね。単純接触の法則で、とにかく本にたくさん接する生活をすることが、読書が当たり前になる→学力の基礎となる読解力を育て、心の栄養にもなります。ちなみに、私はバイリンガル育児ティーチャーで、英検1級に合格できるような学力の高い子を育てる、をテーマにしています。 英検、どの試験、入試もそうですが、読解力がないとかなり苦労します。5.Develop phonemic awareness読み始める前に、アルファベット大文字小文字を書いて示し、聞いて音がわかるようにしよう。 まずはアルファベットに親しむことですね。ポスターをはったり、パズルで遊んだりなどしましょう。 その際、アルファベット単体の文字の音だけでなく、実際の読み方も、節をつけて歌のようにして聞かせましょう。♫D(ディー) says d.d.d.(ダ、ダ、ダ)など。 Leap frogのLetter factoryのDVDなどが、わかりやすく、浸透が早いです。 早い子は2歳くらいでわかってきます。6.Teach synthetic phonics letters(r, cなど、アルファベット単体の音)の次は、blended sounds(th,chなど)を教える。 これがわかると単語の読みを推測しやすくなり、読む楽しみが一気に広がる。ここからが労力を必要とするところですよね。英語を話す能力が高く日常で使っている子は、たくさん英語に触れていくにつれ、自然に習得していく場合もあります。しかし、普通は覚えないとなかなかわからず、ネイティブの子供達もphonics(英語文字読みのルールのようなものですが、例外も多い)をキンダー(日本でいう年長)から習うのが大多数のようです。日本に住み、日本語が第一言語の子供達は。私が以前勤めていた英語スクールでは、小学生からフォニックスのドリルを取り入れていました。確かに、左脳が発達する7歳以降から文字読みをしっかりやった方が、本人が吸収しやすく、効率的ではあります。しかし、幼い頃からおうち英語をしているご家庭でしたら、もう少し早く文字が読めるようになったらな〜と思いますよね。小学校に入ると他の教科の宿題も多くなり、英語にかけられる時間も減ってきますし。我が家(息子3歳10ヶ月)もまさにこの段階。 文字読みしたいやる気はあるようですが、まだ難しいと足踏みしている様子。 ステップ5を楽しく繰り返しながら、Blended wordsにいずれ進んでいきたいところです。教え込もうとしても吸収しないのがこの時期ですが、子供の成長は早いです。親としては、二歩先の視点で種まきをしておいたら、急に伸びてきた時にうまく対処でき、更に英語力を伸ばしてあげられることができます。いつも長くてすみません‍♀️ part2にいきます

英語を読み始めるまで、正しいステップ教えてます✨

Youtubeで、12steps teaching your child to readというのを見つけました。

基礎がつまっているな〜と思ったので、内容をみなさんにシェアします😉

尚、直訳ではなく、私の解釈を含めています。

1.Start reading early

早い時期から本を読む子(読み聞かせされている子)は、生涯にわたって読書をする率が高いと研究結果にある。

はっきり目が見える前でも聞くことはできるので、とにかく早い時期から読み聞かせること。

生まれたばかりの赤ちゃんに、読み聞かせをいつ始めようかな〜〜と思われると思います。

正解は「お腹の中にいるときから」以前、アメリカで飛び級で10代前半で

名門大学に入った子の母親のインタビューを聞きました。

妊娠がわかった時から大量の絵本、本をお腹の子に向けて読み聞かせ、

ためになりそうな大学の授業を聞きに行った、とおっしゃっていました。

実際は、子供が生まれると、小さいうちは、読み聞かせよりも歌いかけや赤ちゃん体操などの

スキンシップの方が月齢にあっているかと思いますよね。

それもそうなのですが、一日一冊でもいいので、綺麗な色使いの本を見せて読み聞かせる、を

習慣にしたら、読書のワクワク感が伝わるかな、と思います。

2.Read to your child

覚えるということではなく、ページをめくると新しい世界、新しい言葉に出会えるという

ワクワク感を体感させ、本を好きにさせる。

読み聞かせを早いうちから習慣化して、月齢が上がるたびに量を増やしていくのが理想だと思います。

我が家では、授乳していた3歳1ヶ月までは授乳のたびに、そのあとは寝る前に寝室で30分から1時間、読み聞かせをしています。

3.Be a good example

子供はすぐ親の真似をする。

本を読ませたかったら、本を読むことは価値があると親が態度でしめす、

親がよく読んでいる姿を見せること。

難しいですが、携帯よりも本を多く手に取る姿をお子さんに見せましょう。

4.Make books accessible

たくさんの本がいつも手に届くようにしておくこと。

家に本を揃え、本棚の位置の低いところに置いたり、よく遊ぶところに積んでおくなど。

ここまでは文字読みの前段階ですね。

 

単純接触の法則で、とにかく本にたくさん接する生活をすることが、読書が当たり前になる→

学力の基礎となる読解力を育て、心の栄養にもなります。

ちなみに、私はバイリンガル育児ティーチャーで、英検1級に合格できるような学力の高い子を育てる、をテーマにしています。

英検、どの試験、入試もそうですが、読解力がないとかなり苦労します。

5.Develop phonemic awareness

読み始める前に、アルファベット大文字小文字を書いて示し、聞いて音がわかるようにしよう。

まずはアルファベットに親しむことですね。

ポスターをはったり、パズルで遊んだりなどしましょう。

その際、アルファベット単体の文字の音だけでなく、実際の読み方も、節をつけて歌のようにして聞かせましょう。

♫D(ディー) says d.d.d.(ダ、ダ、ダ)など。

Leap frogのLetter factoryのDVDなどが、わかりやすく、浸透が早いです。

早い子は2歳くらいでわかってきます。

6.Teach synthetic phonics letters

(r, cなど、アルファベット単体の音)の次は、blended sounds(th,chなど)を教える。

これがわかると単語の読みを推測しやすくなり、読む楽しみが一気に広がる。

ここからが労力を必要とするところですよね。

英語を話す能力が高く日常で使っている子は、たくさん英語に触れていくにつれ、

自然に習得していく場合もあります。

しかし、普通は覚えないとなかなかわからず、ネイティブの子供達もphonics(英語文字読みのルールのようなものですが、例外も多い)をキンダー(日本でいう年長)から習うのが大多数のようです。

日本に住み、日本語が第一言語の子供達は。私が以前勤めていた英語スクールでは、

小学生からフォニックスのドリルを取り入れていました。

確かに、左脳が発達する7歳以降から文字読みをしっかりやった方が、本人が吸収しやすく、

効率的ではあります。

しかし、幼い頃からおうち英語をしているご家庭でしたら、

もう少し早く文字が読めるようになったらな〜と思いますよね。

小学校に入ると他の教科の宿題も多くなり、英語にかけられる時間も減ってきますし。

我が家(息子3歳10ヶ月)もまさにこの段階。

文字読みしたいやる気はあるようですが、まだ難しいと足踏みしている様子。

ステップ5を楽しく繰り返しながら、Blended wordsにいずれ進んでいきたいところです。

教え込もうとしても吸収しないのがこの時期ですが、子供の成長は早いです。

親としては、二歩先の視点で種まきをしておいたら、急に伸びてきた時にうまく対処でき、更に英語力を伸ばしてあげられることができます。

いつも長くてすみません‍🙏part2にいきます

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み