「英語村」の活用〜Tokyo Global Gateway英会話実践編〜 Part2

初めてTGGに行った後、5歳の息子と話したのは、あの人たちは、どの国から来たんだろうね。どうして日本に来て、どうして日本に住むようになったんだろう。。。くんは日本以外に住んだことないけど、違う国に住むことになったらどう思う?

そして、あの人たちが子供のころはどんなものが好きだったんだろう? 。。くんは今Captain Underpantsが大好きだけど、知っている人いるかな?というようなことです。

そして、息子と決めたことは、次回、TGGに行くときは、白地図とペンを持参していき、

1, Where are you from? Please write your name on your country. と、出身国のうえに名前を書いてもらうこと。

これが、地理の勉強とも関連しまして笑、家に帰ってきても、「Sieedはバングラデシュからきたんだよね」とか、「イラクからきたのに、アラスカに自分の名前書いてる人いたよね」とか、よく覚えているなーと感心しました。

あと二つの質問は、

2, Why did you come to Japan? (これも、大人がこう聞いたら「なんで日本に来た?」とちょっと失礼に聞こえる可能性があるので、What brought you here? 何があなたをここへこさせたんですか?と聞くのがお勧めですが、子供だったらこんなに丁寧には言わないので、What did you..がいいと思います)

3, I love Captain Underpants. (と、本を持っていってみせる) What character do you like? と、3つの質問はこれに統一しました。英語の本などに親しんでいると、ここで、Oh, Captain Underpants! I read it when I was a child! と言ってもらえたりして、共通項ができ、ますます英会話が楽しくなります。

息子は、日本語のように英語は話せないので「英語むずかしいなー」ということもあるのですが、Tokyo Global Gatewayに行ったことをきっかけに「自分は英語ができるんだ!」と自信を持ったようです。

いつもオンライン英会話の先生と話しているのですが、自宅で1対1で話すのとはまた違い、たくさんの人がワイワイ、フレンドリーに出迎えてくれたのがとても楽しいようで。

だいぶ前に、バイリンガル育児ママにニーズ調査をさせていただいたとき、「子供に英語をやる気にさせる方法はなんでしょう?」と聞いてくださった方がいらっしゃったのですが、そのお答えの一つとしては、やはり、実際にコミュニケーションすることに勝ることはないんだろうな、と思いました。

それは大人もそうで、私の生徒様も、やはり、オンライン英会話などで楽しく話せた時は、英語に対するモチベーションがぐっと上がっています。

TGG、うまく使っていきたいですね!次回は、息子が英語でお天気キャスター体験したときのことをリポートしていきたいと思います!

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み