「英語」よりも大切なこと。part1

今年の2月。

卵巣がんになっていることがわかりました。

自覚症状は全くありませんでした。

市の子宮がん検診に行ったら、エコーで卵巣も見てくださり、「影のようなものが見える。大きな病院で見てもらった方がいい」と言われ、大学病院へ。

しかし、卵巣の場合、手術して卵巣をとってみないと、悪性か良性かはわからないのですね。

手術したら、やはり卵巣がんで、両卵巣と子宮を摘出しました。

幸いなことに、ステージは,1番早期の1aでした。

しかし、がんの種類として、抗癌剤をした方が良い、ということで、抗癌剤治療を8月末まで行い、今はいわゆる「寛解」の状態、病院に行くのも、数ヶ月に一度の検査のみです😊

皆さんにお伝えしたいのは、忙しくても、年に一回は検診に行きましょう️ということです。

妊娠中や授乳中はできない検査も多いですが、ひと段落したら、真っ先に検診に行ってください、とクライアント様にもお伝えしています。

そして、子宮がん検診のときは、卵巣も見てください、と病院に伝えてください。

私の場合、たまたま、卵巣のエコーもしてくれるところだったので発見できたのですが、病院や地域により、言わないとオプションだったり、様々なようです。

卵巣がんの場合、目立った症状がなく、私のように気がついていない方が多いようです。

そして、医療も、先生のお話を伺いつつ、主体的に受けたらいいですよ、ということをお伝えしたいです。

卵巣がんの抗癌剤は、手足のしびれの副作用が強いと知り、私はどうしてもそれが嫌でした。

英語コーチの仕事に支障があったら嫌だと思ったからです。

なので、学会資料などいろいろ調べて、痺れが少なくて同じ効果がありそうなものを、先生に確認した上で、選択しました。

おかげで、痺れもなく、気になっていた抜け毛もあまりなくて(命に支障はないと言われても、髪の毛のみならず、まつげや眉毛も抜けるのは、できれば避けたかったのです)満足いく治療をしていただけた、と思っています。

人生は選択の連続。

つらい事があっても、情報を吟味して自分らしい選択をすること、その積み重ねで、満足した人生なのか、ということが決まるのかな〜などと思えた出来事でした。

がんになった、とわかった時、1番先に考えたのは、クライアント様達のことでした。

ちょうど、新しいクライアント様達がたくさん入ってくださった時に、わかったのです。

しかし、契約期間を延長し、私が入院をしている時は、グループで文法コンテストをしていただき、私が退院した後にテストをして、優秀者にプレゼントをする、という企画を盛り上げていただきました。

抗癌剤治療中も具合悪くなることもあまりなく、がんがわかった当時のクライアント様の半数は継続してくださり、今に至ります😊

がんになった、と宣告された時、初めて、「自分の命には、時間には限りがあるんだ」と実感しました。

理屈としては分かっていたものの、それまで命の危機を感じるようなことはなかったので、今日と同じ毎日がこれからもずっと続くんだ、と「なんとなく」思っていたのです。

しかし、その危機感も、喉元を過ぎたら熱さを忘れるんです、人間は忘れる生き物なので😅

がんの手術が間近にせまった時、「生きているだけでありがたいから…」と思い、5歳の息子を「もうこれから叱ることはないんじゃないか…(生まれてきてくれただけでもありがたい)」と思いましたが、数時間後には、怒ってましたからね😅

なんで怒ったのか、もう忘れましたが😅

ありがたいことに早期発見で治療もうまくいくと、日常の忙しさにまぎれ、生きているだけでありがたい、と思った気持ちが薄れてきて、いろいろな心配ごとが増えたりしてきました。

そんな気持ちをオーストラリア人の友人に話したら、言われたんです。

“Every morning, when you wake up, just appreciate what you have now. You wake up in good health, you have your child and your family, you have a house to live in and food. You can provide them for your child. Just appreciate all of them.”(毎朝起きた時に、今持っていることをただ感謝しなさい。子供がいて家族がいること、家があって食べ物もあること。それらを子供に提供することができること。ただ、感謝しなさい。)

また、イギリス人の先生からは、こうも言われました。

“Enjoy every single minute with your son because by the time you brink your eyes, he’ll be independent and out of the house.” (息子さんとの時間を一瞬一瞬楽しみなさい。すぐに成長して、家をでてしまうから。)長くてすみません‍🙇‍♀️part2に続きます️‼️

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み