わたしの英語育児遍歴part2

英語のことだけを考えたら、プリスクールに入れた方がよかったのでしょうが、、甘えん坊の息子の人生最初の集団生活は、自宅の隣にある、少人数のカトリック幼稚園で、経験豊かな先生方に愛情いっぱいに見守ってもらった方がいい、と母の直感として思いました。
幼稚園受験のためには、日本語でしっかり受け答えをすることが必要で、そのために、また日本語で多く語りかけることに。
せっかく英語で返してくれるようになったのに、私が日本語で話しかけると、日本語で返すようになりました。
やっぱり、日本にいながら、日本語の両親のもとで、バイリンガル(完璧なというわけではありません)に育てるのは無理なのかなぁ、と思うようになりました。

【息子3歳期】
私の語りかけは日本語でも、みせる映像ものは英語、語りかけや英語絵本の読み聞かせは続け、インプットをしながら我慢の時期が続きました。ORTに夢中になっていました。
幼稚園受験が終わり、受かったらこっちのもの!笑  また英語語りかけを再開しよう!と英語で話しかけたら、また、以前のように、英語で答えてくれるようになったのです。
子供は母親の使う言語と同じ言語を話そうとするんだな!とその時思い、親からの語りかけは、子供の英会話力に直結する‼️と思いました。3歳になった頃から、日本語と英語の読みの練習を少しずつ始めました。

【息子4歳期】
4歳になったとほぼ同時に、私が英語コーチとして起業し、かなり忙しくなり、息子との知育の取り組みの時間がとりづらくなってきました。語りかけと読み聞かせだけは続いていましたが、日本語オンリーの幼稚園で長く過ごしたり、帰宅しても私は仕事で、息子は遠方のばあばとFacetimeで遊ぶ毎日。 私が入院中もばあばに来てもらってずっと遊び、英語を話さなくなってきました。 これはいけない‼️と思い、取り組みの時間を増やしたり、オンライン英会話レッスン、Jolly Phonicsを始めました。
児童英検は、ぶっつけ本番でゴールドを受けてみて、84%でした。

【息子現在5歳6ヵ月】
英検4級に合格。

Jolly Grammer を毎日やっています。チャプターブックも読むようになり、読みのスピードはかなり上がりました。writingも、なるべく毎日やっています。
会話は、オンライン英会話で話していますが、私からの英語の語りかけには、面倒がって日本語でかえすことが多いです。
でも、普段から使わないと簡単なことも言えなくなったりするので、英会話タイムを作ったりしています。

ご家庭によって違うと思いますが、我が家の場合、私が意識して英語の取り組みを増やすと、子供の英語力アップにつながっている気がします。
そして、子どもが話し出す前はかなり気にしていた「日本語も英語も中途半端になるのではないか」という問題は、我が家のように、家族みんなが日本人で日本の学校に行っている場合、ほとんど気にしなくてよいのでは、と思います。
英語にのめりこめる環境を作る方が難しいので、これからも、そこは考えていかなければなりません。
そして、どこまでやるのか❓は、親が考える、「理想の状態」によります。
次回は、それについて話したいと思います😊

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み