6歳児の英語ライティング力を伸ばすには?part1

6歳の息子が、outschool(一つのクラスから受講できる、アメリカのクラス)で、Beginning Writingというコースをとっています。
これは、zoomのクラスではなく、週に3回、アメリカ人の先生から課題がでて、ウェブ上のクラスルームの中で、その課題を子供達でみせあう、というもの。
月曜日はstoryの続きをみんな自由に書いていって、水曜日は、writingに関してのヒントの動画と、五感を表すwritingをする課題、金曜日は、先生からの質問の答えを書くものです。
6歳からなので、「書きたくなかったら、動画で読んで発表でもいいよ」ということで、息子はいつも自分が言ったことを私に書かせ、それを読んで提出しています。
例えば、昨日の質問は、If you had to live in a storybook for one week, which story would you choose and why? What do you imagine your life would be like living in this book?(もしお話の世界に入れるとしたら、どの本で、そこでの生活はどうなる?)
息子は、
I would choose to live in the “Dog Man” world because I love Dog Man. I would be a friend of Dog Man. I would be an invisible boy and visit the police station because I don’t want to get caught.(Dog Man(息子が大好きなDave Pilskeyの漫画です)が大好きなので、Dog Manの世界に入りたい。透明人間になってたら警察署に行きたい、つかまりたくないから)と答えたら、すぐに先生から、
Would you be invisible all the time or just when you want to be? (いつも透明人間でいたいの、それとも、なりたいときだけ?)とくる、で、息子の答えが、
Yes, all the time because I’m not basically a character of the book. If they find me, I think they would arrest me.(本当のキャラクターじゃないので、いつも見つかったら逮捕されると思うので、いつもがいい) という、慎重だな〜透明人間になったら、そのお話に入り込む意味はあるのか?という、息子の不思議ちゃんが浮き彫りになったり。
このクラス、1ヶ月20ドルで、お得!と思ったら、なんと、スタートしてみると、参加した子供が、息子しかいませんでした。なので、ひたすら先生とのやりとり。
月曜日のstoryは、最初は、先生が
After walking through the woods all day, my best friend and I realized we were lost. The sun was no longer shining through the leaves of the trees so we decided to camp out in a large cave we found. We entered the cave cautiously, but there didn’t seem to be anyone or anything inside except the largest egg I had ever seen.(友達と森を歩いていたら、道に迷ってしまった。暗くなったので洞窟に入ったら、みたこともないような大きな卵があった。)
息子
Inside the egg, there was a big, big, big chicken.
Also, there was even a bigger egg. Inside the egg, there was a big, big, big mother chicken.
なんで、卵の中から母親がでてくるんだ?という、わけわからない、子供ならではの発想。
先生
The big chicken and the big mother chicken pecked their way out of the eggs. My best friend and I watched in awe. The chickens looked at us.
息子
Then, the mother chicken attacked the baby chicken. After that, the mother chicken destroyed the city. Then, she laughed, “Wa ha ha ha ha! Wa ha ha ha ha!”すぐ戦いになってしまう、男子ならでは、息子の場合、Dog Manとか、Captain Underpantsに影響を受けまくりの展開。part2に行きます

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み