英語コーチングで養う「計画力」と「自己管理力」

今日は、嬉しいご報告がありました!
つい先日、「英語語りかけ60%」の目標を達成されて、200日コースを終了されたCさん。
来年から、さらに、2歳の息子さんへの英語での語りかけを伸ばすため、300日コースをスタートされるのですが。
来年1月からコーチングが始まる前までの、ご自分での英語の自習の、やること、いつやるか、どのようにやるか、1日どれくらいの分量をやるか、を、こまかく表に書いて見せてくださったんです。
これでこそコーチングの威力!と、私は本当に感激しました。
コーチの力を借りつつも自分で歩んでいく、そのことをしっかり実現してくださっているからです。

Cさんは、とてもお忙しい、フルタイム勤務のワーキングマザーです。
お子様は2歳。まだまだ手がかかります。
普段は保育園に行っているとはいえ、布おむつを使っていて、そのお洗濯とか、帰宅してもやることは山積み。。
しかし、私の英語コーチングを始めていただき、「私はよくても、息子までは、、」とおっしゃっていたのが、ママが英語でたくさん話すと、英語でどんどん話してくれるようになり、ご自身の英語学習へのモチベーションも、とても高まってきました。
しかし、勤務時間は長く、ご自身の自由時間は限られています。
休日の早朝、お子様が起きる前にいつも私とセッションして、とにかく英語に向かう時間を作り出すために、お洗濯の頻度や、家事の手抜き(いえいえ、時短と呼びましょうか笑)の詳細まで私もアドバイスさせていただき笑、少しずつ、少しずつ、でも確実な成長を積み重ねてきていらっしゃいました。
私のコーチングのクライアント様には、同じママさんといってもいろいろな方がいらっしゃり、比較的まとまった時間がとれて、急激に英語力を伸ばす方々もいらっしゃれば、Cさんのように、お忙しいなか、なんとか時間を生み出して、着実に登りつめていく方々、といらっしゃいます。
働き続けていく限り、育児をしていく限り、「英語の時間を思いっきりとれる」という状態には、なかなかなれません。
しかし、「努力を積み重ねていくと必ず結果がでる、諦めなければ必ず英語力も上がる。」ということを実感されたCさんだからこそ、コーチングのお休みの期間も、習った通りに計画してみて、期間中だと私にだすはずの報告も、旦那様に報告することにされたらしく👏
私の英語コーチングは結構スパルタで、期間が満了したら皆さん休みたくなるにもかかわらず笑
すぐまた英語コーチングが始まるにも関わらず、しっかりご自分で計画されて、英語力を上げ続けていく!と、決意を新たにされたわけです。

日本にいて、家族がみな日本人で、英語が必要とされる仕事をしていない限り「英語ができないから生きていけない」という状況ではありません。
そんななか、英語を毎日続けていく、というのは、レベルの高い自己研鑽ではないかと私は思っています。
そして、それができた時って、とってもなんというか、自分に自信がつく、というか、気分の良いものなんですよね。
英語ができたら自分も楽しいのと、何より「子供の英語に成果がでてくる」というのが、親として一番嬉しいこと。
Cさんも最初は「今の毎日で、一人で英語なんてできる気がしなくて。。ましてや、子供に英語をさせるのも自信がなくて。。」とおっしゃっていました。
クライアント様が変わってくる。
それが、私が一番嬉しいことです😄

英語コーチ 遥恵子

英語コーチ 遥恵子

英文科を卒業したもののTOEIC430。
夫の転勤でアメリカへ移住した際に、バイリンガルMCになるため修行を開始し、4年でTOEIC430→950へ、その後TOEIC975にUP。英検1級合格。
英会話会話講師として1歳から85歳までを教える。
長男誕生を機に、自宅でのバイリンガル育児を研究。
長男を、おうち英語のみで5歳で英検3級、小2で英検2級合格へ導く。
中学受験準備をしながらおうち英語でゆるやかに英語を伸ばしている。
2018年から英語コーチ、バイリンガル育児ママ多数排出中。
目標達成率96%!

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
体験お申し込み