神田昌典さんの「成功者の告白」ですが。

急激に成長していく人は、家庭でうまくいかなくなるパターンになり、そのまま放っておいて家庭の状況が悪くなると、不思議とビジネスもうまくいかなくなる、というパターンが多いそうです。

しかし、そこを頑張って、家庭が持ち堪えると。

不思議と、ビジネスもうまくいくそうです。

そして、「優れたチーム(会社)を育てるのは、子育てと全く同じ」だそうです。

多くの会社は、最初に厳しくしてしまって失敗してしまうそうなのですが。(子育てもそうですよね。。)

会社をうまくいかせるためには、5−6歳(年)までは、母親のような無条件の愛を惜しみなく与える。(社員にですね)

そして、その後、父親から、社会的生活をする厳しさを教えるそうです。

実際には、会社だったら、起業家、実務家、管理者、まとめ役、など、色々な役割の人が必要なのですが、大まかなところは、「母親と父親、それぞれの役割」がはたすそうで。

ストーリーの中で、主人公の会社の社員の不満がたまる頃、「good and new」をして社員の結束が高まった、という逸話がありました。

ボールをもった人が、24時間以内にあったいいこと、そして新しくあったことを話す、と言うものだそうです。

なぜボールが必要か、というと、それがないと、体が硬くなって、不自然な感じになるそうで。

このgood and newの考え方は、出来事のプラスの方を見るようにする、というリフレーミングで、コーチングでも大きな役割をすることです。

また、birthday circleというのもやっていました。

誕生日の社員に、「生まれてきてくれてありがとう。なぜなら、、」と、その人に感謝する言葉を言うそうです。

そして、「クレド」

「社員としてこうすべき」「この会社はこういう心構えでする」という、信条のようなものです。

道徳や価値観に関することは、時間をかけて教え続けなければいけません。

この項目を単に読み上げるだけでは、言われたことをやるだけ、の社員になってしまいますが、「ある一つの項目に対して、自分の意見をシェアする」と言うことにすると、仲間からのフィードバックが得られ、主体的に自分からするようになるそうです。

good and new, birthday circle, クレド、どれも、育児でもそのまま使えそうですよね!

我が家も早速やっています😊

本のストーリーの中で、家を出て行った妻の本棚に、育児の本が並んでおり、主人公が「こんなに一人で育児で悩んでいたのか、、」と思い、育児書をペラペラめくっていたら、ビジネス、社員を育てることと同じ本質のことが書かれてあり、社長である主人公がつい読み耽ってしまう、、というシーンがありました。

そして、「会社も人間の集まりなので、感情に考慮し、人間を育てていくことが大事なんだ。子育てと同じなんだ。自分の世界を理解していないと思った妻は、自分は同じことで悩んでいた、同士だったんだ」と悟る、という。。

ちょうどタイミングよく、昨日、FBの私の友人で、高校教師で2児の父の方が、「プライベートの時間を捧げて生徒に尽くす先生は、家庭人としては良くない夫(家族のための時間を持たない)であることが多い。

奥さんが外で働いていようが、専業主婦であろうが、関係なく、家庭での時間をしっかりもつべき」とおっしゃっていて、本当に同感しましたね。

そして、私も仕事にのめり込みすぎず、家庭を大切にせねば、とちょっと反省しました笑

みなさま、家庭も、仕事も、両方、バランスとりながら、頑張りましょう😊