第1位!
“determined”の巨匠! 女子バスケットボールチーム、トム・ホーバスヘッドコーチ!!

Tokyo Olympics 2020 で、何が一番印象に残ったかって、選手でも選手の親御様でもなく、この方です。

トム・ホーバスヘッドコーチ。

お恥ずかしながら、私はバスケットボールのことについて何も知らないのですが、アメリカに住んでいた時、野球好きを上回って、バスケットボールファンの方達がものすごく多かったです。

そんな「本場」アメリカの、オリンピックのバスケットボールのチームは、世界最高峰のNBA、女子ならWNBAで活躍する選手がわんさか出場していて、まさに「ドリームチーム。

過去の大会、男女ともに、ほぼほぼ、アメリカがずっーーーーと金メダル。

それは、スポーツに無知な私も当たり前の印象だったのですが、日本の女子チームの快進撃をみて、リアルタイムで全て見ていた、日本対フランスの、準決勝。

お恥ずかしながら初めてみた、女子バスケットボールの試合で、何やら怒鳴っている白人の男性の姿が。

最初、対戦チームフランスのコーチかと思ったのですが、ん、何やら、話している言葉が日本語のように聞こえる??あれ?と思って、よく聞くと、「何やってるんですか! 強く、ボール持って! 何回も同じことしなくていいじゃないですか!」と、選手に日本語で指示している!!

「日本チームの監督だったのか。。」という無知さから始まりましたが、印象的だったのは、フランスに余裕で勝っているのに、試合中ずっとものすごい集中力で、選手に指示しているんですね。

勝利への強い執念、信念を感じ、「この人、只者ではない!」と思って、英語、日本語で、調べました。

まとめますと、トム・ホーバスヘッドコーチは、元々、アメリカのバスケットボールの選手でしたが、NBAの選手にはなれていませんでした。

そこを、日本のトヨタに呼ばれて、そこのバスケットボールのチームで活躍。

それが、NBAの目にとまり、NBAのチームの選手になることができました。

そこで活躍できた期間は短かったそうなのですが、トムコーチとしては「NBAの選手になる夢を叶えてくれた、日本にはとても感謝している、いつか恩返ししたい」という思いだったそうです。

やがて、女子バスケットボールのコーチの一人となり、リオオリンピックで、日本は7位。。

「よくやった」とみんな喜んでいたらしいのですが、一人納得していなかったのは、トムコーチ。

「日本は次のオリンピックで、決勝戦でアメリカと戦って、金メダルをとる」と宣言して、周囲を驚かせました。

「高い目標を掲げることで、それに到達できる」

この信念のもと、ヘッドコーチに就任してから、「オリンピックの決勝戦で、アメリカと戦って、金メダルをとる」と言い続け、それができるような人選、戦略を考え続けました。

この考え、心から賛成します!

人は、「自分が想像するところ」までしかいけません。

トムヘッドコーチが、「ベスト4」を目標にしていたら、ベスト4にしかいけないと思うんです。

英語コーチングに置き換えると、「この期間に、この勉強時間とこの方の現在の英語力では、ここまでいける」と、目標を現実的に割り出すのですが、「最終的にここまで行きたい」という「究極の目標」は、親子ともに、高い方がいいです。

高い方が、そこまで辿り着ける可能性が、グッと増してきます。

そして、クライアント様がご自分の望んでいる場所までいける!と、誰よりも信じるのが、コーチです。

話を女子バスケに戻すと、日本の絶対的エースだった、身長193cmの渡嘉敷来夢選手が、怪我でオリンピックに出られないとわかった時は、ものすごく危機だったと思うのですが。

“determined”は方は、「ピンチをチャンスに」変えてしまうんですよね。

絶対的エースがいない中で、日本人選手の特徴を生かした戦略を考えて、それが見事にあたり、今回、この快挙に繋がったわけです。

準決勝で勝利した時のインタビューで、「オリンピックの決勝戦で、アメリカと戦うことが夢だっておっしゃっていましたよね」と言われて、「決勝戦でアメリカと戦うこと、が夢なんじゃない。 「オリンピックの決勝戦で、アメリカに”勝つこと”が夢なんだ」とインタビュアーを訂正していました。

これです、これ!

言霊、とも言いますよね。

言葉は、とても重要で、目標は具体的でないといけません。

やっぱり”determined”の巨匠! こういうコーチになりたい!!

ちなみに、トムヘッドコーチは、英語ではなんて話していたか、というと…

Part4に続きます‼️😊