今日は英検でしたね!

受験された方々、お子様が受験された方々、本当にお疲れ様でした!!

息子(小一)は、まだ英検2級に受かる実力はないのですが、普段緊張感のあることを全くしていないのと、私が英検大好きなので、年に3回の英検はとりあえず受けてみよっか!ということになっています。

なので、いつもあまり準備はしていないのですが、今回はいつもにも増して対策することなく、受験してみました。

今まで、東京で受けていて、今回、三重県に引っ越し、初めて、四日市市内で受験しました。

「小さい子が、地方で英検を受験するとこんな感じ」というのをまとめましたので、参考にしていただけたら嬉しいです😊

これまでは、基本は電車で試験会場まで行っていまして、(都会だと、公共の交通機関で行かないといけないですもんね)試験会場が遠いと、車酔いしたりして、大変でした。

しかし、四日市市内の会場は、公共交通機関だと不便なところで、こりゃみんな車で来るでしょ!というところだったので、「送迎の時のみ、駐車場の利用はOKです」という感じ。

「普段乗り慣れているパパの車で行くので、大丈夫か!」とゆるーく構えていたのですが。。

四日市市内まで、我が家から1時間。

まだ車の運転に慣れていない私が、練習のために、と思って、片道だけ運転させてもらったところ、パパの運転と違って揺れが激しかったらしく(ごめんね😅)息子は車酔い。

途中、酔い止め薬を探しに薬局に寄ったりバタバタして、本当は会場に着くまえにどこかでランチしようかと思っていたのですが、その時間はなく、息子もご飯を食べるほど元気がなく、空腹のまま、2時間近い、長い試験を受けるハメになりました😅

もう小学生になったし、と思って油断していましたが、まだまだ油断禁物でした!

「普段通り」にすることが大切ですね。

今回の場合、

・行きの運転は、「普段通り」パパにしてもらったら良かった。

・お昼ご飯は、「普段通り」軽く家で食べて行ったら良かった。

・たまたまおニューのズボンで出かけたのですが、着なれたものの方が、ゴムがゆるくて苦しくなくて良かった!

というのが、学んだポイントです。

あと、年少者受験の場合、持ち物は、受験票に書いてある、身分証明書や、筆記用具、書いてないけど一般的に必要な、飲み物やハンカチ、ティッシュ、などの他に、

・クッション(背が低いのをカバーするために)

・万が一具合が悪くなった時様に、汚物を入れられる袋、ビニール袋

・(年齢により)着替え(前にも学んだのに、今回はもういいだろうと忘れていました。。)

・ゼリー飲料(食事できずに試験会場に行くことになってしまった場合。
今回、これを持ってきたので助かりました!)

・酔い止め薬、整腸剤(準会場ではない場合、結構自宅から遠くになることも多いので、飲みなれた薬)

などを持って行ったらいいな!と思いました。

初めての、三重県での試験会場の、関係者の方達のご対応ですが、良かった点、そうではなかった点、ありまして、

(良かった点)
・受付の女性が、息子をみて「あらっ、かわいい受験者さん! あらっ、写真も実物もかわいいわね!」と、笑顔で優しいお言葉をかけてくださったこと😊

(良くなかった点)
・お手洗いのそばに座っていた係員のおじさんが、息子が試験開始直前に何回もトイレに行くのをみて、息子を指差して「これ受験者なの? これが? さっきから3回もトイレにいってるよ。」と言ったことです。

。。。どう思われますか?😅

地方なので、年少者の受験者があまりいなかった(小学生らしきお子さんは同じ教室に二人いらっしゃいましたが、二人とも高学年っぽくて、自分の携帯などを持っており、しっかりした感じでした)のと、何回もトイレに行くので、単に驚いたのだと思いますが、

まず、子供とはいえ、人間なので、指差して「これ」はないですよね。

そして、子供って、びっくりするほど何回もトイレに行くことがあり、さっき行ったばかりなのに、本当にすごくでることとか、あるんです。

普段子供と接することがないなら、それがご存知ないなら仕方ないですが、驚いたにしろ、運営側の立場なら、「大丈夫ですか?」というスタンスで質問されるべきだと思います。

そして、大人として、未熟な子供を労る気持ちがあってもよいのではないかな、と。

それを「さっきから3回もトイレ行ってるよ」って、だから何をいいたいんですか?と聞きたくなるような、こちらが悪いことでもしているような口ぶりでした。

Part2に続きます‼️