先週の日曜日、クライアント様にJolly Phonics Lessonをしました。

これは、ご自宅でママさんたちがご自身のペースでJolly Phonicsを教えられるように、というレッスンです。

私の息子の4歳半の時、私が自宅でJolly Phonicsを教えて、おかげで、7歳の今は英検2級相当の英語の読みの実力がついています。

いざ自分で教えようと思っても、どの教材を選んでいいか、どんなペースでやっていったらいいかわからなかったり、子供の反応に迷ったりするところをサポートさせていただきながら、コーチング期間中に進んでいくのですが、過去のクライアント様たちからも「これのおかげで子供が英語が読めるようになりました!」という喜びの声を多数いただいています。

後半は交流会で、


「子供の勉強、家事、仕事もある中、どうやって皆さんは時間を作ってる?」

「旦那様は英語育児に賛成?(というか、この講座も、旦那様に相談して申しこんだ?)」

「歳の離れた兄弟のそれぞれの英語の取り組み、どうしてる?」

「英語語りかけを始めた時の子供の反応は?」
などという話題で盛り上がり、「皆様のやる気に勇気づけられ、バイリンガル育児に関してたくさんのヒントをいただきました。 英語へのモチベーションがさらに上がりました!」という感想をいただきました😊
今、たくさんのママさんたちが頑張っている、「親子で英語力アップ!」英語コーチング、7歳、5歳、2歳のお子様がいらっしゃり、働きながら、英語語りかけ40%目指して頑張っているMさん、コーチングが始まったばかりで、こんなコメントをいただきました😊

「恵子さん、毎日、心に沁みる動画やコメント、ありがとうございます!!

私、コーチングというものを全く分からずに、子どもたちに英語を…という気持ちからいろいろ手当たり次第試し、検索する中で、恵子さんのインスタライブに行きつきました。

当初、子ども達は、あわよくばペラペラになって欲しいけど、自分が英語を話せるようになりたいのか、今からでも学びたいのか、母である私は子どもでなく自分に時間もお金も投資して良いのか、どうしたいのか、目的も未来も明確でなかった状態でした。

そこから、一つ一つ問いかけて話を聞いてくださり、それにより自問自答があり、今、自分がやりたいのだ!自分の達成したいことだ!と胸を張る気持ちで、恵子さんが送って下さったスタディプランのスタートに立てました。

始めた時、凄いことに申し込んだなぁと思いました。

たくさんクライアントさんがいる中でこんなに私1人に焦点を当てて話してくださるのかと、まず驚愕でした。

達成したら自分史に残る凄いことが起きる、今までにこんなに勉強したことがないほど勉強したら凄い達成感だろう。

…と言った感じです。

まずコツコツ、頑張っていきます!!」

Mさんは、スタートダッシュからとてもフォーカスして、頑張っていらっしゃいます。

そして、最近の感想は、

「私がコーチングを始めて良かったと感じていることの一つに、こうして恵子さんに自分がやったことを評価してもらえることがあります。
こうして、毎日の中で頑張ったり、できたことを受け止めてもらえ、評価してもらえると本当に気持ちと姿勢が変わっていくのだと、実感しています。
特に家事、育児はやってもやっても…な部分があり、またワンオペでやるのが当たり前と見られてもいるので、そんな中で子どもの自己肯定感は上げたくても、自分の自己肯定感は低い状態であぐねいていました。
我が子に対して、私もよく見て、恵子さんの様にありたいと思います。」

という嬉しいご感想をいただきました😊

そうなんですよね、母親になると「子供の世話をして当たり前」という感じにみられてしまうことも多いかと思いますが、ママの自己肯定感は、直接、お子様の自己肯定感につながる(お子様のそばにいることが一番多い、ママさんご自身が自己肯定感が低いと、お子様に怖いくらい反映されるんです!)ので、本当に大切にしていただきたいです。

家事も育児もお仕事もお忙しい中、お子様の英語育児をすることは簡単ではありません。

でも、日々の勇気づけと的確なアドバイスでそれが軌道に載せられたら、お子様には一生のプレゼントになります!!

そう思って、クライアント様たちに日々「ラブレター」を書き続けております😊

皆様、後悔のない、楽しい育児が日々できますように✨