今日は、昨日の続きです。
主人と叔父の共通点から発見した、田舎の子供達の思いがけない利点とは?

そんなことを言うと、田舎育ちの人はみんな数学が得意になるので、見当違いなのかもしれませんが🙇‍♀️

東京から田舎町に越してきて、自宅の目の前に広がる田んぼ、麦畑、花畑、この辺は人間が植えたものとはいえ、綺麗な規則性に、ハッとすることがあり、「田舎は、数学を考えるには良い環境である」という天才数学者の言葉が、なんだか腑に落ちたんです。

数学が得意な人は、数学を「美しい」と思い、数学が得意な人は「途中の計算式や図をとても綺麗に書く」そうです。

確かに、汚く書くと、自分の紛らわしい字に騙されて間違えてしまいますし、頭の中もごちゃごちゃになってしまって、正しい答えに導きづらくなるんでしょうね。

(字が汚いうちの息子はこの辺が課題の一つですが💦)

数学が楽しい、美しいと思えるなんて、小学校の算数からつまづいていた私にはなんとも羨ましい限りなのですが、算数に対してそんなワクワク感を持ち続けていられたら、学校も楽しいだろうし、受験の苦しさも半減するだろうなぁ、と思います。


受験、もちろん中学受験においては、算数(数学)って、とても重要で、鍵となる科目になりますよね。

お恥ずかしながら、算数が大嫌いで、「こんなの学んでどうするの?」と子供の頃から思っていた私ですが、「ドラゴン桜」によると、「数学を制する者がリーダーになり世の中を制する、そうやって歴史が作られてきた。 なので、数学を学ぶことはとても重要だ」そうです。

石器時代の頃から、狩猟をすると、数に優れた者がリーダーとなり、とった獲物を配分し、皆がそれに従う。

リーダーは、栄養分の高い肉を自分が取ることにより、長生きする。

そして現在も、経営は数字なので、数に優れたものがリーダーになりやすい、そのために数学(算数)を学ぶそうで。。

これを息子に話すと、より算数が好きになったようでした。

「数学なんて、こんなややこしいことを頑張っても役に立たないよね」と思っていた学生時代の私も、こんなことを話してくれる大人に巡り会いたかったなぁ、と思います。


田舎に住んでいて中学受験をしようと思うと、有名塾は大体都会にありますし、遅れをとるのかなぁと思うのですが、

もしかしたら、田舎の思わぬ良さはこんなところにある。。。!? 田舎に住んでる子供は数学の美しさに気づく可能性が高い、のかも。。??と仮説をたてた私でした。。

どこに住んでいても、自然の中で過ごすのは、子供にとっていいことですよね!

もう少ししたら始まる夏休み、お子様たちにとって楽しいものになりますように😊