小2の息子(おうち英語のみで英検2級一次合格、田舎の公立小学校に通学)ですが、昨年から「小学校6年生がやるような算数をやりたいので、くもんに行きたい」というようになり、今年の2月から、近所のくもんにお世話になっていました。

その後、行きたい中学校ができ、中学受験をするだろうなぁ(まだ小2なので、わからないですが)という流れになりました。

息子の行きたい中学校は、息子にとっては難しそう、、というところなので、いずれは中学受験塾に行かないといけないな、と思っていました。

くもんも、先取り学習ができるところはとても良いのですが、やはり中学受験のプロのところに頼まないと、我が家は太刀打ちできないな、と思いました。

世間一般的に言われるのは「小4から中学受験塾に通わせた方がいい」ということだと思いますが、最近は中学受験も早くから取り組んだ方が良いと思う方が増えて、小3から通う人も多くなってきた、と聞きます。

私は、息子を中学受験塾に入れるなら、ここがいいなぁ、と思っていたところがありました。

田舎に住んでいて、車で30分くらいの中核都市にはたくさん塾はあるのですが、私が「ここ!」とずっと思っていたところは大都市にしかないです。

「小学校6年生がやるような算数をやりたい」と息子が言った時も、くもんよりもそこのWebスクールの方がいいのか、、と迷いながら、本人がくもんがいい、というので、くもんに行かせていました。

ある日、その中学受験塾のことを息子に話しました。

元々は、英語と数学の塾だったこと。

今はそこでは英語はやっていないけど、算数はずっとやってきているので、小学校とは全然違う、レベルの高い算数をやりたい子供たちがたくさん来る。

くもんは授業はないけど、その塾は授業があって、楽しくわかりやすい授業ができるように、先生たちが色々工夫してくれている。

そこでは「正しい競争原理」をモットーにしていて、生徒たちを競わせる。

勝ち負けは、気にするかどうかはあなた次第。

でも、なんでも結局は自分との戦いなんだ。

他の人に勝っても負けても、表面的な相手が変わるだけで、自分との戦いなんだ。

ただ、それがわかるようになるまでは、実際に競争相手がいて、その競争をやってみた方が、最終的に色々なことができるようになるよ。

何より、お医者様になりたい、という夢があるから、お医者様になりたい人がたくさんいる学校に行きたい、って言っていたから、その学校に行けるようになるには、その中学受験塾に行くのが1番いい、とは言われている。

なんでも逆算で、自分が望む未来は何か、そこに辿り着くために何をすべきか、考えることが大切だよ。

。。。という話をしていたら、その塾に行ってみたい!ということになり、まずは体験に行ってみようか、となりました。

車で1時間以上かかるところです。

体験に行ってみたら、正直なところ、私がちょっとoverwhelmedに感じました。

「まだ小2だから、ここまでやらなくてもいいかな💦」という気持ちになったのです。

なんというか、「子供が半分大人にならなければいけないような、無理をさせないといけないのかなー」という感じ。

受験だから仕方ないのですが、まだまだ無邪気に遊んでいてもいい頃なんじゃないかなーと思いました。

息子は、体験授業の日、赤ちゃんかえりか?と思うほど、「ママー」と言って私に甘えてきました。

元々そういうタイプですが、初めて、本格的な中学受験塾に足を踏み入れて、独特の雰囲気に驚いていて、なんとなく不安だったのだと思います。

算数と国語の授業の後、入塾テストを受けました。

結果、入塾を許可します、と言っていただいたのですが、息子が、圧倒されて赤ちゃんがえりしている😅様子を見て、この子にはまだ早いのかな、と思いました。

塾の説明の間「(入塾)どうする?」と息子に聞いても、そこに置いてあった、ドラえもんの学習漫画に夢中になっていて答えず😅

まだくもんでいいか、、と思って、塾の話も申し訳ないながら半分くらい聞き、とりあえず「考えます」と言って塾を出ました。
しかし、塾を出てから、息子が「あそこに行きたい」と言い出しました。
どうして?と聞くと… 息子が塾に行きたいと言った理由は?
Part2に続きます!