クライアント様の娘さんSちゃんが、6歳、幼稚園年長さんで、英検準2級一次試験に合格しました!👏

幼児には難しいwritingの点数も高く、GP2+5の余裕の合格です!👏

Sちゃんのお母様、Hさんは、当初「娘は英検3級に合格してから、準2級も絶対に受けたい、と言っているのですが、年齢的に早すぎる気がするのです。
小学生になってから準2級にチャレンジしようかなと思っています」とおっしゃっていました。

しかし、私は、
1、通っていらっしゃるプリスクールではまだ誰も受かったことがない、という準2級に挑戦したい、とSちゃんが自ら思っていること、
2、3級も高い点数で合格していること、
の2点、つまり、本人のやる気もあって、実力も伴いそうだ、ということから、「本人がやりたいと言っているなら、受けてみたらどうですか?」とお勧めしました。

Hさんは、英検準2級を、Sちゃんと一緒に受験することに決めました。
学生時代から英語を使っていなかったHさんにとって、英検準2級も高いと思われた壁でした。
「英語語りかけ50%」の目標に向かっていたので、日常英会話も英検の準備も両方、そして、3級を受験する小2のご長女と、準2級を受験する6歳のSちゃんのサポートもしながら、というのは大変でしたが、

Hさんいわく、「親子で英語力アップ!英語コーチングを受けて、文法もリスニングも、前よりずっとわかりやすくなっていました。」ということでした。

それでもHさんは時々不安になって、「もしSが落ちたら、負けず嫌いなので、落ち込むと思います。。また、6歳には理解できない問題も多く、難しいことをさせているのかな、という気持ちもあります」とおっしゃっていました。

しかし私は「合格できると確信できる級を受けるのか、上の級にチャレンジするのかはその子次第、ご家庭の教育方針によります。
Sちゃんは上の級をチャレンジすることを決めました。

これからはレベルが高くなるので、不合格になる可能性も高くなります。

逆にいうと、合格したらすごい、という喜びも大きくなるので、不合格を恐れる必要はないと思います。

合格、不合格は関係なく、合格できるように努力できるということがすごいので、そこを褒めてあげてください。

ママのHさんがそういう態度を示していたら、Sちゃんも、もし不合格になっても、ただ悲しむだけ、ということはないと思います。

難しいことも、Sちゃんがやりたがっているので、大丈夫ですよ!」とお伝えしました。

そして、見事に3人揃っての合格!👏
現在、Hさんは、ご長女の3級、Sちゃんの準2級の面接のサポートをされています。
ママが一緒に受験する、ということで、Sちゃんはとても心強く思っているようです。

「英語コーチングを受けるまでは、子供たちの英検も、スクールやオンライン英会話の先生に頼りっぱなしで、どうなっているのかもよくわかっていませんでした」というHさん。

面接の準備の様子を伺っていても、Sちゃんは、6歳児にはとても難しい質問には果敢に答えようとしていて、どうしてそんなに色々話せるの?とHさんが聞いたら「ベストを尽くすだけだから」と答えたそうです。

幼児のうちに英検を受けるか受けないか、はそのご家庭の教育方針次第ですが、Sちゃんのようにやる気のあるお子様には、とても自信になって良いと思います。

そして、たとえプリスクールに通っていても、6歳で英検準2級、は、なかなかできることではなく、ここまでのレベルになるには、ご自宅でのサポートが欠かせません。

Hさん「親子で英語力アップ!」コーチンググループの仲間の私たちには公開してくださったのですが、過去問を切り貼りしてわかりやすい手作りの教材を作っていたりして、「一番近くにいる親御さんのサポートが一番効くな」と心から思います。


英検準2級の一次試験に親子揃って合格され、英語語りかけ50%の目標も達成されたHさん、近い将来、親子留学に行きたい!と、英会話にも取り組んでいく予定です!😊