アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ出身のママたちに聞いてみたのですが、
面白かったのは、同じ英語圏でも、愛情を伝える言葉にお国柄があること。
アメリカ出身のママは, I love you infinity and beyond, I love you to the moon and back,
のようにユニークで、ある意味大げさな愛情表現だったのに対して、
イギリス出身のママは「そんな恥ずかしいこと言わないよーせいぜいI love you くらいかなぁ、、」という人が多かったこと。
なので、私たちも、英語だからおおげさにいわなきゃ!ということはなく、ここであげたような表現の中でも、自分がしっくりくるなぁ、という言葉をお子さんにかけてあげていったらどうかなーと思います😄

愛情を伝える言葉は毎日かけてあげていただきたい!
とはいえ、育児の現実として、平和な毎日ばかりでもないものですよね笑
次回は、「叱るときに効果的な英語表現」をお伝えします。
バイリンガル育児をしたいママたちの英語力アップのため、日々全力で英語コーチングしているため、インスタ記事の次回のアップはいつになるかわかりません笑 が、またぜひご覧ください!

息子が4歳1ヶ月のときに初めて口にした英語フレーズ;
I’m engaged in this. (なにに?いきなり言ったので不明です。。)
I’m not finished it yet.それまでは、 I finishedばかりでした。
Don’t throw them on the floor. (複数でもよくitと言っていたのですが、ちゃんとthemを使えるようになったなーと思いました😄