「Eat various foods, that makes you healthier, then you can strive to make your dreams come true」と言い聞かせていると、パパが何かを残そうとしたら「Eat various foods️ You can…(そこからはどう表現したらいいか難しいらしい)do something to do.」とお説教してくれるようにもなりました。そして、最近いいものを発見写真は、ドラえもんの「からだシリーズ」医者になりたい息子に、身体に興味を持ってもらうのに最適です。内容はまだ3歳には難しいですが、ドラえもん達が体の中に入り込むストーリーはインパクトがあるらしく、内臓の絵などを書いています笑そのシリーズの中の「栄養と健康」の本の中に、お菓子ばかり食べているのび太の将来の姿をシュミレーションしたものが。(写真2枚目)ご飯を食べずにお菓子を食べたがる時は、「If you don't eat vegetables and fruits, you'll look like him」とこの絵を見せると、納得してくれます笑キャラクターには本当に助けられますさて、表題の、「子供の頭を良くする食事」調べると、大豆を使った食品、魚(特に青魚),ベリー類、玄米、ごま、わかめ、ほうれん草…といろいろでてきました。日本の伝統的な食材が多いですし、なんでも一つのものばかり食べ過ぎたらよくないことを考えると、やはり私はこの「食品目安量」の表は万能だな〜〜と思うのです。"What you eat is what you are"何を食べるかがあなたを作る、という格言がありますが、母はよく「今食べているものが、10年後の体を作るんだよ」と言います。育児、仕事、といろいろ忙しいですよね〜〜私も耳が痛いのですが両親をみていると本当に健康は食事によるんだなーと思います。 少しずつ気をつけていきたいですねちなみに、私の尊敬する幼児教育関係者は、「教育熱心な親御さんは、いろいろ試した後に、わからなくなってきて、元気だったらいいよね、となりがち。 それは子供の可能性を狭めることになり、もったいない。」とおっしゃっていました。これまた耳が痛いですが 家族の健康、食事に気をつけつつ、おうち英語も、頑張っていきましょう3歳10ヶ月の息子がこの一週間で初めて話した英語フレーズ:how many pieces are there? Which Ninja do you like the best, mom? I've got something to do. Don't go to the war outside(? 時々意味不明のファンタジーなことを言います) Did you see the clubhouse?(did.過去形が定着してきた) I'm really glad(happyはよく言うけど、gladは初めて) This is already in. My tummy feels funny. What do you mean?#バイリンガル育児 #バイリンガル教育 #バイリンガル子育て #ママ英語 #おうち英語 #英語育児 #英語教育 #食育 #幼児教育 #知育 #健康 #ドラえもん #3歳10ヶ月

ドラえもんで食育できる⁉

「Eat various foods, that makes you healthier, then you can strive to make your dreams come true」

と言い聞かせていると、パパが何かを残そうとしたら「Eat various food❗You can…

(そこからはどう表現したらいいか難しいらしい)do something to do.」とお説教してくれるようにもなりました。

そして、最近いいものを発見❗

写真は、ドラえもんの「からだシリーズ」

医者になりたい息子に、身体に興味を持ってもらうのに最適です。

内容はまだ3歳には難しいですが、ドラえもん達が体の中に入り込むストーリーはインパクトが

あるらしく、内臓の絵などを書いています笑

そのシリーズの中の「栄養と健康」の本の中に、お菓子ばかり食べているのび太の将来の姿を

シュミレーションしたものが。

目はくぼんで、子供にはインパクトの強い、恐ろしい姿になっています。

ご飯を食べずにお菓子を食べたがる時は、

「If you don’t eat vegetables and fruits, you’ll look like him」とこの絵を見せると、納得してくれます笑

キャラクターには本当に助けられます😃

子供の頭を本当に良くする食事。

さて、表題の、「子供の頭を良くする食事」調べると、よく噛まないといけないもの、

大豆を使った食品、魚(特に青魚),ベリー類、玄米、ごま、わかめ、ほうれん草…といろいろでてきました。

日本の伝統的な食材が多いですし、なんでも一つのものばかり食べ過ぎたらよくないことを

考えると、やはり私はこの「食品目安量」の表は万能だな〜〜と思うのです。

“What you eat is what you are”何を食べるかがあなたを作る、という格言がありますが、

母はよく「今食べているものが、10年後の体を作るんだよ」と言います。

育児、仕事、といろいろ忙しいですよね〜〜私も耳が痛いのですが両親をみていると

本当に健康は食事によるんだなーと思います。

少しずつ気をつけていきたいですね。

ちなみに、私の尊敬する幼児教育関係者は、「教育熱心な親御さんは、いろいろ試した後に、

わからなくなってきて、元気だったらいいよね、となりがち。 それは子供の可能性を狭めることになり、もったいない。」とおっしゃっていました。

これまた耳が痛いですが😅

家族の健康、食事に気をつけつつ、おうち英語も、頑張っていきましょう❣

3歳10ヶ月の息子がこの一週間で初めて話した英語フレーズ:

how many pieces are there? Which Ninja do you like the best, mom? I’ve got something to do. Don’t go to the war outside(? 時々意味不明のファンタジーなことを言います) Did you see the clubhouse?(did.過去形が定着してきた) I’m really glad(happyはよく言うけど、gladは初めて) This is already in. My tummy feels funny. What do you mean?