昨日、クライアント様の英作文を一緒にみているKelly(アメリカ人、仮名)と、オンラインで話をしていた時。
Kellyは、アメリカの南部の州に住んでおり、一人娘が8歳・小学校3年生のシングルマザーなのですが。
Kellyの住んでいる州では、コロナのため、実際に学校に通うのか、virtual school(オンライン上でのクラス)にするのかを保護者の判断で決めることができ、Kellyは、コロナが心配なので、school year一年間通じて、つまり、来年の7月まで、virtual school にすることに決めました。
つまり、ずーーーーっと娘さんが家にいる、ということなんです。
Kellyは私のように自宅でオンラインで仕事しているので、それってつらいよね。。子供がずっと家にいたら仕事に集中できないよね。。といつも慰めあっているのですが、Kellyには新しい心配事があり。
それは「娘さんが、以前のように学校の勉強をちゃんとしなくなった」ということなのです。
話を聞くと、やはり、オンラインで子供が授業を受けていると、大きくわけて、二つの問題があるそうで。
1、授業に積極的に参加しない。  カメラを勝手にオフにして、その間ネイルを塗ったりしている。
先生がなんども「どうしてオフにしているの? オンにして!」といっても、聞こえていないふりをして、そのままにしている。
2、課題が何であるかよくわかっていない。
娘さんのメール受信ボックスに、未読のメールが240件もたまっていて、Kellyはびっくりしたそうです。
その中には、宿題を指定するものもあれば、ただ「この映像が参考になるよ」というものあって、全部をしっかり目を通さなくてもいいそうなのですが、8歳の彼女からしたら、何がなにやらわからなくなり、全部を見なくなってしまったそうで。
結果、もともと頭が良い娘さんが勉強のやる気を失って、彼女の住む州では、小学生でも、成績を満たしていないと進級できないのですが、このままだと、3年生をもう一回やらなければいけないかも、、と嘆いていました。

少し前に、大学職員として勤めている別のアメリカ人から、「オンラインでの授業になってから、生徒のいたずらがひどい。 ネット環境はいいのに、「zoomがフリーズした」と嘘をついて、わざと変な顔をしたままずっと止まっていたり。」という話も聞きました😅
私は、このビジネスを始めた時から、オンラインでセッション、レッスンをやっています。
「お互いに家からでなくてもレッスンを受けられる」という、とても便利なものなのですが、学ぶ側がやる気がないと、オンラインで学ぶ、というのは、対面よりもどうしても、距離があります。
コロナになって、オンラインで学ぶということが当たり前になりつつありますが、その変遷がスムーズにいかないと、こういうことも十分に考えられますね。
小さい子供のオンラインレッスンの場合、「親が近くで見られるので、子供のレッスン内容がわかる、子供がどれくらいできているのかがわかる」という利点もありますが、「そろそろ自立してほしい」と親が思って任せている場合、子供がそれに追いついていないと。。
私だったら、子供が慣れるまでは、しっかり管理して舵取りして、すこしずつ子供にまかせていくかな、、と思ったのですが、Kellyもしっかり者なので、おそらくそういうふうにしていたはず。
どこまで親が立ち入るか、って年齢が上がってくればくるほど、頃合いが難しいですよね。
あまり干渉したら、こちらも疲れるし、子供も、それが当たり前と思うのもよくないし。
世の中には「自分で失敗して学んでもらう!親からは何も言わない!」という親御さんもいらっしゃり、立派だと思うのですが、私はなかなかそれができなくて😅
まだ子供なので、大人のようにいかないことも多々あり、、

Kellyの場合、「そろそろまかせても大丈夫か」と思って自分の仕事に専念していたら、気が付いたらすごいことになっていた。。という感じみたいです。
もちろん、先生から、保護者であるKellyに注意の連絡もよく来ていたそうなのですが、Kellyが娘さんに話しても、いろいろごまかすようになってきたそうで。
「P.E.(体育)は単に動画を送られるだけの授業になってしまったし、早く通常に戻らないかなぁ。。かといって、コロナで死亡している子供もいるので、実際のスクールに通わせるのは心配で」とKelly.
同じように、世界では、この状況下で、schoolworkで問題をかかえている子供はたくさんいると思うので、なんとかならないかなぁ。。
これから、オンラインの授業が増えていくと思われる時代、親ととしては、試行錯誤しながら、時には失敗させても、子供の自立心をはぐぐんでいこうとするしかないのですが。